にせよ

13,288 の例文 (0.00 秒)
  • そしてどの女にせよ、彼と結ばれて幸福だった女は一人もないのだった。 ...
  • しかし私はいずれにしろ自分の条件の最高までをかけておきましょう。 ...
  • それらの女学生にしろ奥さんにしろ、いずれも本は読んでいるのである。 ...
  • 私たちの魂が何からできていたにせよ、私のとあの人のとは同じものです。 ...
  • 意識するにしろしないにしろ、そうした変化を我々は感じとっています。 ...
  • 何にしろ相手があるのだから責任が重いように思われて張合があった。 ...
  • が、まず猫ほどではないにしろ、勝手の違う気だけは起ったはずである。 ...
  • 今度はそれがどこに導くにせよ、南への牽引力のままに向かっていった。 ...
  • いかに小人数とはいえ、これがにせの明使だとはだれが想像するだろう。 ...
  • しかしどちらにしろ人生は結局さううまくくものではないらしい。 ...
  • この異常な犯罪の動機がなんにせよ、盗みの線は外してもいいでしょう。 ...
  • どれにせよ、もっともらしい動機を示すことができなかったのである。 ...
  • いずれにせよジョンは議会で有権者の代表に選ばれることはなかった。 ...
  • 性質というようなものの範囲で云っていたのではなかったのです、私にしろ。 ...
  • 彼の声はさらに重要なものだ、いまここにいることにはなっていないにせよ。 ...
  • いずれにせよ、準備の方をいそぎたいと思います、又お手紙いたします。
  • いずれにしろ、非常に豊富でつよいメンタルな力がいるのだと思います。 ...
  • 次へ