なんとか工面

17 の例文 (0.00 秒)
  • もっともそういうことをするとたいへん金がかかるのだが、そのくらいの金はまた別の道でなんとか工面できようと考えていたのである。 ...
  • サラリーマンの彼には少し負担のかかる金額であったが、なんとか工面くめんしてまわしてやった。 ...
  • あたしだっていざとなったら青酸加里の一トンや二トン、なんとか工面してみせますわ。 ...
  • アメリカまでの片道切符代十万円はなんとか工面した。 ...
  • そうなると、おそらくポランダー氏が召使のひとりくらいはなんとか工面してくれるかもしれない。 ...
  • そこで、もし彼女が三百ポンド出してくれるなら、残額の三百ポンドは私がなんとか工面する、と言ったのです。 ...
  • さて、この世の何ものも、わたしに愛人を忘れさせる力がない以上、彼女のために要する費用をなんとか工面しなければならないと、わたしは覚悟をきめました。 ...
  • 実のところはおいらはモウ小遣銭こづかいせんもねえのだ、さしあたってなんとか工面くめんをしなけりゃならねえのだが、兄貴だって同じことだろう。
  • 国元としてもなんとか工面したいのだが、遠く隔たった江戸のこと、しかも、薩長軍の詮議が厳しいので、江戸と国元との交通が思うにまかせない。 ...
  • 若新氏は配信機材とメンバーをなんとか工面して全社向けの放送を定期的に行っていたが、遠方に住むメンバーが配信に参加しづらいなどの格差の是正には程遠かった。 ...
  • 健三はなんとか工面して区切りをつけるが、最後に「世の中に片付くなんてものは殆どない」と吐き出す。 ...
  • タシェ家もグラン・ブロンではあるが、小さな砂糖プランテーションを、なんとか工面して維持している程度だから、決して裕福ではない。 ...
  • なんとか工面してやれると思う。 ...
  • 九條山の土地は、宗琳の妻・芳子よしこがなんとか工面して、八十五万円を三年ローンで支払う約束で、やっと求めたものだった。 ...
  • 「百ゼッキーニでブラガディーノ氏の口がふさげることを、まえもって知らせてくれたら、なんとか工面してきみに貸してやったのになあ」 「検閲官たるにふさわしい頭をもっていたら、人にいわれなくても自分でわかったはずですよ」 ラバディはこのことを世間に吹聴ふいちょうして、私のためにおおいに役だってくれた。 ...
  • すっぱりと手を切るから、手切金てぎれきんの五十両、なんとか工面くめんをしてくれと千賀春にいわれ、のぼせ上って前後の見境みさかいもなく親爺おやじ懸硯かけすずりから盗みだして渡したが、手を切るとは真赤な嘘。 ...