なんとか切り抜け

28 の用例 (0.00 秒)
  • 愛している者に去って行かれることの辛さは、若いころならまだなんとか切り抜けることができる。 小池真理子『ひるの幻 よるの夢』より引用
  • とにかく当面は相手の仕事をなんとか切り抜けさせるように、自分の小さな力でもさし出す以外に方法はないのだ。 五木寛之『水中花』より引用
  • なんとか切り抜けなければ、なんとか何事もなく、日常の世界に戻らなければ。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第02巻』より引用
  • それをなんとか切り抜け切り抜けして生きて来た努力は、並大抵のことではなかった。 半村良『都市の仮面』より引用
  • 冷静にかまえてさえおれば、なんとか切り抜けられるだろうと己惚うぬぼれていたからです。 カー/宇野利泰訳『帽子蒐集狂事件』より引用
  • この場をなんとかけねばならない。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第07巻』より引用
  • 自分があんなところで気絶きぜつしてしまったのは誤算中ごさんちゅうの大誤算だったが、宗介たちはなんとか切り抜けてくれたようだ。 賀東招二『フルメタル・パニック!02 疾るワン・ナイト・スタンド』より引用
  • 持ち前の強運とさっきのお守りでなんとか切り抜けてきたらしいけど、生きて帰れたのが不思議なくらいさね。 菊地秀行『トレジャー・ハンター04 エイリアン黙示録』より引用
  • しかし、パーンたちはその危機をなんとか切りけてきた。 水野良『ロードス島戦記 6 ロードスの聖騎士(上)』より引用
  • 自分に似た子が生まれない限り、まゆみが週刊誌にどんな告白をしようとなんとか切り抜ける自信はある。 阿刀田高『仮面の女』より引用
  • それでは失礼する、とらしくもない言葉を使って瀬戸口はその場をなんとか切り抜けた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 15 山口防衛戦4』より引用
  • 速記者として取りかえしのつかない失敗をしでかしたのに、なんとか切り抜けることができたのだ。 五木寛之『水中花』より引用
  • かつてこの藩が凶作にみまわれ、なんとか切り抜け、やっと豊作の秋を迎えた時のことだ。 星新一『城のなかの人』より引用
  • なんとか切り抜ける道があるはずだ。 ディクスン『ドラゴンの騎士〔下〕』より引用
  • 午後三時もなんとか切り抜けた。 東海林さだお『ショージ君のぐうたら旅行』より引用
  • しかし、印刷業者や他の供給業者への支払いにも困る有様で、マンジーはメイン州の友人に300ドルを借りるなどしてなんとか切り抜け、出版業界に基礎を確立していった。
  • ほとんど偶然のおかげで、なんとか切り抜ける盲目的な勇気は出たものの、ごくなんでもない言葉でさえ、レーナル夫人に話しかけることは、とうてい自分の力ではできそうもないと思った。 スタンダール『赤と黒』より引用
  • そして、その運をいっさい帳消しするような目に遭うところであった本能寺の変も、なんとか切り抜けた。 井沢元彦『日本史の叛逆者 私説・本能寺の変』より引用
  • ジミーの死に関して刑事からの尋問を受け、一時は冷静さを失うものの、なんとか切り抜けたブレイクは、医師としていつも通りに働く。
  • 内田が人に好かれる性格なら、なんとか切り抜けられるかもしれないが、あの傲慢な性格は、そんなとき、マイナスの方向に作用することは、眼に見えている。 西村京太郎『赤い帆船』より引用
  • 次へ »