なんか全然ない

20 の用例 (0.00 秒)
  • 血がつながっていても、愛情なんか全然ない場合も珍しくないわ。 森村誠一『棟居刑事の憤怒』より引用
  • あなたを裏切るつもりなんか全然なかったってこと、わかってほしかった。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • 説明しにきてもらったってお金なんか全然ないからね!! 群ようこ『無印良女』より引用
  • そーいえば職場に顔出しても、お仕事なんか全然ないぜーって言ってたことがあるし。 入間人間『電波女と青春男 第04巻』より引用
  • しかし、今となってはもう考えることなんか全然ない。 原田義人『城』より引用
  • あの人は異性を見る目なんか全然ないんだからね。 三浦綾子『ひつじが丘』より引用
  • しかし、それは私が父から受けついだもので、母には口出しをする権利なんか全然なかった。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • われわれの地位からいうと、今ここで問題となっているような嘆願をかなえてやる資格なんか全然ないんです。 原田義人『城』より引用
  • おれは女房を養う気なんか全然ないよ、という台詞せりふを夫の口から聞いた時、意外にも私はショックを受けた。 山本文緒『紙婚式』より引用
  • といってももう考える気なんか全然ないから、適当に指先が当たった札をそのまま出すだけだが。 上遠野浩平『しずるさんと底無し密室たち』より引用
  • なって、「そんなことされる覚えなんか全然ない」と言う相手から、恐怖の悲鳴を上げられたりもする。 橋本治『宗教なんかこわくない!』より引用
  • その証拠に、別に「仏様を拝みたい」という気なんか全然ない。 橋本治『宗教なんかこわくない!』より引用
  • Kは今までどおりにしていて、一度も振り向いたりせず、好奇心なんか全然ないふうで、ぼんやり前を見ていた。 原田義人『城』より引用
  • おふくろって感じなんか全然ないんだから。 エリスン『世界の中心で愛を叫んだけもの』より引用
  • 己はだます気なんか全然なかったのだ。 福永武彦『忘却の河』より引用
  • まともな顔のアップなんか全然ないのに、そういうことと関係なく懸命に男と一体になろうとするただの平凡な女性たち。 足立倫行『アダルトな人びと』より引用
  • そしてこうした奴らもためらう理由なんか全然なかった。 コンラッド/岩清水由美子訳『闇の奥』より引用
  • かくれるところなんか全然ないんだぜ。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・内田庶・中尾明訳『シャーロック・ホームズ全集(下)』より引用
  • それは、〝信仰を持つある個人が発言した〟というだけで、「信仰なんか全然ない」と言う人間の発言と、本質的に変わりはないのだ。 橋本治『宗教なんかこわくない!』より引用
  • 彼女が心から礼をいうのを見、かつ私自身としては彼女の貞操をけがそうという下心なんか全然なかったので、私の行動が彼女によい印象を与え、私をよく思ってくれるだろうと、それだけを喜びとした。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第二巻』より引用