なんか全然

147 の用例 (0.01 秒)
  • あなたが服のことなんか全然わからない、ってことはそのとおりですよ。 原田義人『城』より引用
  • あっちゃんは周りのことなんか全然考えずにモノを作る人だからね。 西尾維新『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』より引用
  • ご存知のとおり、私って女はドレスのことなんか全然興味ない女でしょ。 ストーカー/平井呈一訳『吸血鬼ドラキュラ』より引用
  • それに自分は服のことなんか全然わからないときている。 原田義人『城』より引用
  • しかし太郎は、絵や写真で見た場合のほかには、裸の女なんか全然見たこともない。 福永武彦『夢みる少年の昼と夜』より引用
  • というどうでもいい蘊蓄うんちく話の連続で、味なんか全然わからなかった。 群ようこ『別人「群ようこ」のできるまで』より引用
  • 伊藤は南なんか全然目に入っていないようだった。 藤谷治『船に乗れ!Ⅰ 合奏と協奏』より引用
  • だからベアトリーチェは鍵の掛かった扉なんか全然関係ないんだよ。 竜騎士07『うみねこのなく頃に Episode 1 The Legend of the Golden Witch [A3879D13]』より引用
  • 血がつながっていても、愛情なんか全然ない場合も珍しくないわ。 森村誠一『棟居刑事の憤怒』より引用
  • でも大海さんはそんな私の事情なんか全然興味がないらしい。 新井輝『ROOM NO.1301 私と佳奈ちゃんと豪華なお風呂 [2006 01WINTER]』より引用
  • 会う前まで、私には引き取るつもりなんか全然ありませんでした。 小林道雄『翔べ! はぐれ鳥』より引用
  • あなたを裏切るつもりなんか全然なかったってこと、わかってほしかった。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • 挨拶あいさつしようにも、祥子さまには祐巳の顔なんか全然見えていない。 今野緒雪『マリア様がみてる 04 ロサ・カニーナ』より引用
  • このときの彼女の言葉の意味なんか全然理解できなかったのに、わたしはその内容はこうして覚えている。 上遠野浩平『わたしは虚夢を月に聴く 校正06 03 15』より引用
  • 味なんか全然分からないほど、興奮していたのである。 原田宗典『はたらく青年』より引用
  • なんか全然学び足りねーんだけど、仕方ねーから現場に出ることにしたんよ。 田中ロミオ『人類は衰退しました 02』より引用
  • 俺はお前に見られたことなんか全然気にしてねーの。 高橋龍也『痕 ―きずあと―』より引用
  • この男はもうお金なんか全然問題じゃない。 淀川長治『続々』より引用
  • 父は芸術なんか全然理解できないから、適当に目立つ物を持ち帰っただけなのよ。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで3』より引用
  • しかし、抵抗なんか全然できぬということは、わかっています。 原田義人『城』より引用
  • 次へ »