なくても好い

72 の用例 (0.00 秒)
  • それでも末造はどうもすることはない、どうもしなくても好いと繰り返す。 森鴎外『雁』より引用
  • そんな顔をしてわたくしを見なくても好いぢやありませんか。 森林太郎『樺太脱獄記』より引用
  • それが第二には死ななくっても好いから人のいない所へ行きたいと移って来た。 夏目漱石『坑夫』より引用
  • 自分がいなくても好いことは、自分が一番好く知っているのである。 森鴎外『世界漫遊』より引用
  • そして「あれは書物が御飯よりすきだから、構わなくてもい」といった。 森鴎外『渋江抽斎』より引用
  • 何も己に気兼をして好な事をせずにゐなくても好い。 森林太郎『鱷』より引用
  • よっぽど過ならそんな人を待っていなくても好いじゃありませんか。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • いてもいなくっても好い人間だから、相手にはならないでしょう。 森鴎外『雁』より引用
  • よっぽど過ぎならそんな人を待っていなくてもいじゃありませんか。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • 何故と云ふに、原来ぐわんらい此の如き語は必ずしも字の如くに解せなくても好いのである。 森鴎外『伊沢蘭軒』より引用
  • いてもいなくてもいにしても、かくあの大銀行の役をしているだけでも名誉には違いない。 森鴎外『世界漫遊』より引用
  • ワグネル そんな事を御心配なさらなくってもいではありませんか。 森鴎外『ファウスト』より引用
  • 何もその位な事を人に聞かなくても好いと思う。 森鴎外『ヰタ・セクスアリス』より引用
  • あれはお父っさんの本当の子でないから、死ななくても好い。 森鴎外『山椒大夫・高瀬舟』より引用
  • お前の都合はあるかも知れないが、己はそう極めたのだから、お前の話を聞かなくても好い。 森鴎外『鶏』より引用
  • 何も私が尋ねて行かなくても好いと思ふ。 森林太郎『長谷川辰之助』より引用
  • 此処へ来なくても好いと云う位の処であったろう。 川田功『偽刑事』より引用
  • 女一人に着物や頭の物の贅沢ぜいたくをさせるには、世間の奴のするような、馬鹿を尽さなくても好い。 森鴎外『雁』より引用
  • あれはお父つさんの本當の子でないから、死ななくても好い。 森鴎外『最後の一句』より引用
  • して見ればさう云ふ事件が生じたに付いて、何もわたしが立ち入つて彼此申さなくても好いやうなものですね。 森林太郎『鱷』より引用
  • 次へ »

なくても好い の使われ方