ながびき

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 勝負がこれ以上ながびけば、どちらが敗れることになるかは眼に見えていた。 ...
  • 戦争がこうまでながびくとは、だれも思ってもいなかったんでね。
  • 包囲攻撃がながびくのは男の恥になるが、女には反対に名誉となる。 ...
  • でも、このたびは、わたしたちの思ったより、ながびいております。 ...
  • その強い生命力が災いして、この男の苦痛をいたずらにながびかせているのだろう。 ...
  • 一刻も、もはや恐怖をながびかせまいとする母のじようである。 ...
  • しかし、それによって諸君は、戦争をながびかせているのだ。 ...
  • このようにながびくのは、政府のほうで、そのあいだを利用して兵力をあつめているしるしヽヽヽだった。 ...
  • リスト氏のやぶにらみの目が不吉な様相をおび、この議論はながびきそうな気配をみせていた。 ...
  • けれども断食がながびくにつれて幻覚があらわれるのは、一般によくありがちな現象だとも言われています。 ...
  • 母が病身なため生活は苦しく、米の返済はながびいていた。 ...
  • 男は、最後の死のあえぎにも似た例の笑いを、ながびかせながら、私をなかば驚きの顔で、なかば恐ろしげに見つめていた。 ...
  • またあなたはもしかすると、戦争は戦争なのだから相手を早急に打ち負かし、そのことによって戦争がそれ以上ながびいたばあいに起きるであろうさらに大きい彼我の災害をくいとめるためには、原爆の使用はやむをえなかった、ばあいによって使用した方がよかったと思っていられるかもしれない。 ...
  • 家のものは、私が寝込んでしまい、回復はながびくものと思い、ジョウゼフをこの気持のいい寝室から追い出して、そのあとに私を入れてくれました。 ...
  • タラノ平野へいや設営せつえいした補給部隊のじんがあるから、たとえいくさ多少たしょうながびいても、自分たちが飢えるはずはないと思っていた。 ...
  • こうして戦いがながびいていくうちに、カララウの動きはにぶり、手足に力がはいらなくなってきた。 ...
  • 源氏は、御産のお気配がながびくにつけても、もしやわが子ではないかと思い合わされ、それとなく安産の御修法みずほうなどさせていた。 ...