ないまぜる

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 奇妙な異和感とないまぜになったあの声とあの目が、まだ去っていない。 ...
  • 可愛かわいらしさと美しさがないまぜになって、視線が引きつけられてしまう。
  • それに信じられないといった気持ちが、ないまぜになった感情である。 ...
  • 汗と皮の匂いがないまぜになり、ジムには獣のおりのような生臭さがある。 ...
  • 期待と不安と、そして興味きょうみがないまぜになって、人々は集まっているのだ。 ...
  • まさか、という驚きと、やっぱり、という諦観がないまぜの声であった。
  • それとともに、畏敬とないまぜになった驚異に鳥肌が立つのをおぼえた。 ...
  • 世間知らずと多少の図々ずうずうしさをないまぜにしたてい臆面おくめんもなく述べ立てた。
  • それは、生れて初めて殺されるかも知れないという恐怖きょうふとないまぜになったいかりだ。 ...
  • 期待と不安がないまぜになって、私の口許は意味もなくほころんだりする。 ...
  • だが興奮と不安のないまぜになったものが、眠けを吹きとばしているのだ。 ...
  • なにがしかの後ろめたさと、優越感がないまぜになった思いを抱きながら。 ...
  • マリー・アンヌは驚きと悲しみと怒りをないまぜた気持で立ちつくしていた。 ...
  • 緊張と好奇心のないまぜになった表情を浮かべているのは初めての来場者だろう。 ...
  • さびしさと期待きたいと不安とがないまぜになった気持ちが、二人の口を重くしていたのだ。 ...
  • 酔いがまわるほど、頭のなかで小町とモッコスがないまぜになってきた。 ...
  • 兵たちは、その夜は、睡眠と、新たな攻撃への不安とがないまぜになっていた。 ...