どんな荒唐無稽

9 の用例 (0.00 秒)
  • さすがにどんな荒唐無稽な少年漫画でも、小学四年生の女の子に一人暮らしはさせないだろう。 西尾維新『少女不十分』より引用
  • どんな荒唐無稽な話でも、頷くことがカウンセリングの第一歩であるという。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 09 贄殺し編』より引用
  • どんな荒唐無稽な組み合わせでも相手にその意思がなければ、「絵に描いた餅」でしかない。 佐藤正明『トヨタ・GM 巨人たちの握手』より引用
  • どんな荒唐無稽こうとうむけいな、あるいは不条理な犯罪でも成立しえるのだ。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用
  • しかし、少女がどれだけ無実を主張しようと、どんな荒唐無稽こうとうむけいな現象を言い立てようと、十八回の小火はすべて少女の居る場所で発生しているのである。 宮部みゆき『クロスファイア上巻』より引用
  • どんな荒唐無稽な想像でも、確かめてみる値打ちがある。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • 考えてみれば、このまま手をこまねいて駆逐艦に追いつめられるのを待つより、それがどんな荒唐無稽こうとうむけいな手段に見えようと、少しでも救かる可能性があるものなら、試してみるべきであった。 山田正紀『氷河民族(流氷民族)』より引用
  • どんな荒唐無稽こうとうむけいな質問にも迅速な答えを返す氏の柔軟な頭脳がなければ、恐らく『ループ』は完成していなかっただろう。 鈴木光司『ループ』より引用
  • 馬鹿馬鹿しいが、なかなか面白い話だから、記事にするのは無理だが、いっそ、小説にでも仕立てたらどうだ、フィクションならどんな荒唐無稽こうとうむけいな絵空事でも書けるぞとぬかしやがった。 今邑彩『蛇神』より引用