どんなに危険なこと

14 の用例 (0.00 秒)
  • こうして自分の悲しみを分析するというのは、どんなに危険なことだろう! ジッド/山内義雄訳『狭き門』より引用
  • いずれにしろこうした集まりが、どんなに危険なことかよくわかっています。 遠藤周作『沈黙』より引用
  • 聖砂国近海の状況じょうきょうを知った現在では、それがどんなに危険なことかよくわかる。 喬林知『今日からマ王 第14巻 「やがてマのつく歌になる!」』より引用
  • スポックがどんなに危険なことをしようとしているのか、あなたは認識していないのよ! ジェイムズ・ブリッシュ『10 最後〔オメガ〕の栄光』より引用
  • これがカラマーゾフにとってどんなに危険なことであるかということにご注意ください。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(3)』より引用
  • 女のそばにいるのが、どんなに危険なことか、離れてみるといっそうよく分る。 安部公房『砂の女 (末尾補完)』より引用
  • それがどんなに危険なことなのか、ジャーナリストとしての彼には容易に想像できたからである。 筒井康隆『48億の妄想』より引用
  • だが、それがどんなに危険なことかもわかっていた。 藤沢周平『回天の門』より引用
  • それがどんなに危険なことか、おわかりですか。 三好徹『狙撃者たちの夏サミット・コンフィデンシャル』より引用
  • どんなに危険なことか、じゅうぶんわかっていましたから。 マーフィ『(ミルドレッドの魔女学校シリーズ3)どじ魔女ミルの大てがら』より引用
  • しかしそれは、どんなに危険なことだろうか。 高殿円『銃姫 02 The Lead in My Heart』より引用
  • こうなったら、彼の相棒に言ってやったほうがいいと考え、かれらが、どんなに危険なことに身をさらしているかを色あざやかに説明してやった。 ヴィドック/三宅一郎訳『ヴィドック回想録(2)』より引用
  • その「慣れ」がどんなに危険なことであるかについては、私はすでに〈何でも見てやろう〉の項でふれた。 小田実『何でも見てやろう』より引用
  • 彼らが、家族を守るために取った手段が、他のどんなことよりも、彼らがほんとうに、自分といっしょに行くつもりなのだ、そしてそれがどんなに危険なことか分かっているのだ、ということを彼に悟らせた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 07 ハリー・ポッターと死の秘宝 (暫定訳)』より引用