どこか白々しい

4 の用例 (0.00 秒)
  • 教室の中にどこか白々しい気配があって、それは全部、みんなの僕に向ける視線が原因だった。 乙一『死にぞこないの青』より引用
  • この呟きにも、どこか白々しい嘘が含まれている気がして、晴子は溜め息をついた。 岩井志麻子『黒焦げ美人』より引用
  • 顔は確かに驚いているものの、どこか白々しい。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • どこか白々しい陽光が差し込む教室では、授業が始まる前のざわついた空気が充満じゅうまんしていた。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス02 サイレント・トーク』より引用