どう工面

19 の例文 (0.00 秒)
  • そうした費用をどう工面するかが、御家門様の器量の見せ所なのである。 ...
  • 費用をどう工面したかとさらに問う修一に、時子は答えられず泣き出した。 ...
  • お園はどう工面くめんしたか二両の金を餞別にくれた。 ...
  • どこをどう工面したのか、記憶にはない。 ...
  • しかし、その二日の間に、どこでどう工面したのか、哲朗は二千円の現金をつくって来たのだった。 ...
  • どこでどう工面したのか、三日と経たぬうちに、宮田は三人に、中古の作業服や国民服を持って来てくれた。 ...
  • それに、どこからどう工面してきたものか、ちゃんとした制服をこしらえるために十一ルーブリ五十コペイカほど工面してきました。 ...
  • どう工面したのか、膳椀ぜんわんの類も揃いはじめていた。 ...
  • 「三日にあげず」と表現したのは宏だが、謙三が飲みに行くのは「ジャスミン」だけではないのだから、ほぼ毎晩どこかで飲んでいるわけであり、そんな飲み代をどう工面しているのかも不思議のひとつだった。 ...
  • でも記事を書きあげてからは、そのことはすっかり忘れていましたが、その後ある友人のため手形の裏書きをしたため、二十五ポンドの支払しはらい命令書を背負しよいこみ、この金をどう工面くめんしたものかと途方とほうにくれているとき、ふと胸にうかんだのがこれでした。 ...
  • その効果として、二酸化炭素削減やトラックドライバーの人手不足の代替を担うことが見込まれているが、約2兆円とされる事業費をどう工面するかの道筋は立っていない。 ...
  • 門倉の口利きでたみに賞与の一部を用立ててもらい、あとはどこでどう工面したのか、山師仲間の金歯とイタチと組んでひと仕事するメドがついたらしい。 ...
  • どこをどう工面したのか、窓ガラスなどもはまっていて、焼け跡の冬のはじめの物淋しい夕暮れ時になると、鈍い電灯の光がその窓から洩れた。 ...
  • 思いのほか巨額の為替かわせをちょいちょい送ってよこして、倉地氏に支払うべき金額の全体を知らせてくれたら、どう工面くめんしても必ず送付するから、一日も早く倉地氏の保護から独立して世評の誤謬ごびゅうを実行的に訂正し、あわせて自分に対する葉子の真情を証明してほしいなどといってよこした。
  • 思いのほか巨額の為替かわせをちょいちょい送ってよこして、倉地氏に支払うべき金額の全体を知らせてくれたら、どう工面しても必ず送付するから、一日も早く倉地氏の保護から独立して世評の誤謬ごびゆうを実行的に訂正し、あわせて自分に対する葉子の真情を証明してほしいなどと言ってよこした。
  • ベートーヴェンのシンフォニーなどは、世界中に手を回して、九つのうち八つまでは集めたが、どう工面しても「第九」の合唱シンフォニーをきく方法がなく、スペインのレコードに、その合唱の部分だけはいっているときいて、スペインから取りよせる計画までしたものである。 ...
  • 二十匁の“あやめ”が、粉もなくなる頃には、あの貧乏な中を、どう工面して送つてくれるのか、次の“あやめ”が屆いた。 ...