どうにか工面

6 の例文 (0.00 秒)
  • 彼は貧乏びんぼうだったけれど、どうにか工面くめんして一人一人ひとりびとり土産物みやげものを持っててくれた。 ...
  • 私が箱根の山荘から運んできたり、知人に無理を言ってどうにか工面をつけているのだ。 ...
  • 彼はいかにも貧乏ではあったが、どうにか工面をして一人一人に土産みやげ物をもってきてくれた。 ...
  • そして、指輪を質屋に持って行くようなことをしなくても、どうにか工面してあげようという母を、無理に口説き落してしまった。 ...
  • そのころ、私は大学を出たばかりで、職もなく、東京の場末の安アパートで妻と売り食いの貧乏暮らしをしていたが、夏のさかりに突然郷里から父倒るの電報で、旅費だけどうにか工面して帰ってみると、父は左半身不随の上に口もけなくなっていた。 ...