どうでも好い

71 の用例 (0.00 秒)
  • しかし、私には急にそんなことがどうでも好いように思えてきた。 イネス/池央耿訳『怒りの山』より引用
  • 実を云うとその善悪などはむしろどうでもいとまで思っている。 夏目漱石『思い出す事など』より引用
  • 低俗なこんな美術が君を忌避するが、さういふ事はもうどうでも好い。 長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(下)』より引用
  • だが世間ではそんなことはどうでも好いのである。 戸坂潤『社会時評』より引用
  • お前達なんかはどうでも好いぞと云う様な風を見せられちゃ、何ぼ私共みたいな土百姓でも虫が黙って居ませんや。 宮本百合子『お久美さんと其の周囲』より引用
  • それはどうでも好いとして、あなたは警察や裁判所から彼此言はれる事があるかも知れない。 森林太郎『鱷』より引用
  • こんな事は言ふやうなものゝ、己は実はどうでも好いのだ。 森林太郎『樺太脱獄記』より引用
  • 百代子は、あたしもうおさかななんかどうでもいから、早く帰りたくなったわと心細そうな声を出した。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • 百代子は、あたしもう御魚なんかどうでも好いから、早く帰りたくなったわと心細そうな声を出した。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • メフィストフェレス どうでも好いから、あなたのお望どおりにさせましょう。 森鴎外『ファウスト』より引用
  • 人に気が利いてゐると思はれようなんぞと云ふ事はかうなればどうでも好いでせう。 森林太郎『鱷』より引用
  • それに己の思想、己の苦痛はどうでも好いのだ。 森林太郎『笑』より引用
  • それはどうでも好いとして、己の夢は、猿だけは別として、愉快な印象を残した。 森林太郎『鱷』より引用
  • 殺さないから、どうでも好いから、早く帰って来て欲しい。 若合春侑『無花果日誌』より引用
  • そんな事はどうでも好いとしても、金井君だとて、芸術的価値の無いものに筆を着けたくはない。 森鴎外『ヰタ・セクスアリス』より引用
  • 科学が大衆性を持つか持たないかは、科学の外から科学に付加されたどうでも好い条件ではなくして、科学そのものの根本的な本質的な条件をなす。 戸坂潤『イデオロギーの論理学』より引用
  • 目の前の自然なんぞはどうでも好いのです。 森林太郎『笑』より引用
  • その暖い心持は煖炉のお蔭でも、太陽のお蔭でも、そんな事はどうでも好い。 リルケ・ライネル・マリア『老人』より引用
  • だがそれはどうでも好いのです。 森林太郎『フロルスと賊と』より引用
  • そんな事はどうでも好いのです。 森林太郎『死』より引用
  • 次へ »