どういう料簡

40 の例文 (0.00 秒)
  • どういう料簡で人を殺害させ、それを身動きもせず見物しているのだろう。 ...
  • 表へ出るや否や、どういう料簡りょうけんか彼はすぐ一軒の煙草屋たばこやへ飛び込んだ。 ...
  • 言いつけを果たせなかった分際ぷんざいでわたくしに質問とはどういう料簡りょうけんです!
  • こんな大事な質問してるときに居眠りしてるとはどういう料簡りようけんだ!
  • いったいこのひとは、どういう料簡りようけんでイギリスなどへいったんだろう? ...
  • しかしこの事件の種である時鳥の雛だけは、どういう料簡かそのままに捨てて置いた。 ...
  • いきなり咬みつきやがって、いったいどういう料簡りょうけんしてやがる! ...
  • どういう料簡で、おれが股引を引裂いたのか、自分にもわからない。 ...
  • その暁にどういう料簡を付けるのか、治六はそれを心もとなく思った。 ...
  • いったい、どういう料簡なのか聞かせて貰おうじゃないか? ...
  • どういう料簡りょうけんで拾って来たのか、自分にもわからない。
  • 今頃そんなものを見ているとはどういう料簡だ。 ...
  • 一体、どういう料簡なのか、てんでわからない、と噂しあった云々。 ...
  • うぬはどういう料簡りようけんか知らねえが、そんな事をして中間部屋の一同が一方へ味方したと思われたら、こちとらはいのちにかかわるんだ。
  • わざわざ駐在所の前まで来て、両足をふん張って何か打つような真似をして見せたのはどういう料簡だろう。 ...
  • どだい五人家族にサンマ二十匹とは、どういう料簡りょうけんなのだろう。 ...
  • 紐が絡んで短くなり、動けなくなったらそのまま黙ってじっとしているというのは、どういう料簡りようけんなのか。 ...
  • 次へ