どういう具合

77 の用例 (0.00 秒)
  • いったいジュアグがどういう具合に飛びこんだのか見当もつかなかった。 バローズ/佐藤高子訳『危機のペルシダー』より引用
  • 年若いむすめは、それはどういう具合にやるのかと彼にたずねました。 ボッカッチョ/柏熊達生訳『デカメロン(上)』より引用
  • この男の親は誰なのか、どこでどういう具合に育ったのか皆目見当がつかない。 中上健次『岬』より引用
  • どういう具合になるかわかるまで番号を知らせるつもりはないんだ。 ハインライン『月は無慈悲な夜の女王』より引用
  • どのへんがどういう具合に難しいのか、具体的にぼくの経験談を披露ひろうしよう。 原田宗典『東京困惑日記』より引用
  • つぎに御者ヤムシチックは三頭の馬をどういう具合に車につないだであろうか。 ヴェルヌ/江口清訳『皇帝の密使(上)』より引用
  • どういう具合に蹴ればそんなことができるのかは謎である。 西尾維新『悲鳴伝』より引用
  • 何にしても、それをどういう具合にして、竹筒の内部のこんな位置に張ったものか。 山田風太郎『伊賀の聴恋器』より引用
  • どういう具合か、あの騒ぎのあいだに僕は奴らの目を逃れることができたんです。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(下) 地の果ての燈台』より引用
  • ところで、日本のクリスマスはどういう具合に始まったのだろう。 稲垣美晴『サンタクロースの秘密』より引用
  • どういう具合になっているのか、片手を肩に置いただけで、みな弾かれたように起きた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター13 D-邪神砦』より引用
  • なのに、どういう具合か、夏桂は東の海とは反対の西の山の奥へ奥へと分け入っていっています。 坂東眞砂子『旅涯ての地(上)』より引用
  • どういう具合に違うのか、明確には分らなかったが。 吉行淳之介『技巧的生活』より引用
  • この形勢逆転劇はどういう具合にして起こったのだろうか。 シムノン/宗左近訳『男の首』より引用
  • どういう具合にして立去ったか、家族の誰も見ていない。 海音寺潮五郎『さむらいの本懐』より引用
  • その金が、一体いつたい、どういう具合に使われているのか、まず、それを知りたいとおもった。 西村京太郎『夜の終り』より引用
  • だが、どういう具合か、あの叫び声が、兵士たちの耳に届いたらしい。 赤川次郎『黒い壁』より引用
  • 今、二人の身体がどういう具合になっているのか、自分でもうまく説明できなくて、わたしは混乱していた。 小川洋子『薬指の標本』より引用
  • そこでだが、いったいどういう具合にするかな? ストウ/山屋三郎・大久保博訳『アンクル・トムズ・ケビン(上)』より引用
  • 心配そうな顔はしているもののそれは市谷の身を案じてではなく自分がどういう具合に書かれているかを案じてのことであろう。 筒井康隆『大いなる助走』より引用
  • 次へ »