とりたてて言うほど

17 の例文 (0.00 秒)
  • 誤字や文章のみだれは、よくある事で、別にとりたてて言うほどの事はない。
  • 日本に来た当初は私もそんな感じがしていたが、いまでは、とりたてて言うほどのものではないと思っている。 ...
  • ピンサロで働くことが悪いことだとは思わなかったが、とりたてて言うほどのことでもないと思っていた。 ...
  • 顔にはとりたてて言うほどの特徴はない。 ...
  • 性能もとりたてて言うほどのことはない。 ...
  • ただそれだけのことで、あとは別にとりたてて言うほどのこともなかったが、ふたりともお祭りの前夜らしい期待、大きな喜びでいっぱいになっていた。 ...
  • このあいだ、とりたてて言うほどの事件はなかった。 ...
  • ここにあるのは、格別とりたてて言うほどのことはない平凡なぼくの平凡なコドモ時間です。 ...
  • 道中はとりたてて言うほどのことはなかった。 ...
  • つまり、意外に聞こえるかもしれないが、チンパンジーと人間とは本来、体重に関してはとりたてて言うほどの差はないのである。 ...
  • アイスランドふうというよりはデンマークふうだったこの食事は、食事としては別にとりたてて言うほどのことはなかったが、デンマーク人というよりはアイスランド人であったこの家の主人は、親身に客をもてなす昔の人を思わせた。 ...
  • しかもごらんの年頃だし、器量もとりたてて言うほど美人じゃないかもしれないけれど、ひとが顔をそむけるほどでもないつもり。 ...
  • 「とりたてて言うほどのことじゃないんだ」とこの男は、釣糸の先に魚の手応えを感じた釣師の、あの押し隠した表情にも似た喜悦の色をほの見せながら答えた。
  • これ自体はいささかチャチな事件であり、とりたてて言うほどのこともないのだが、集団が作られ、ここまで追いつめられてゆく過程にはかなり異様なものがあるし、この事件のあと盟主たる江川忠治が死に、あとを追って同志達が次々に自殺して果てたということになると、誰でも少しばかり気味が悪くなってくる。 ...
  • 恋愛感情を、あふれ深まる水にたとえるのは古くからある常識的な比喩で、この歌も特にとりたてて言うほどの特徴はない。 ...
  • だから、とりたてて言うほどの理由もないのに、東の部屋から、あたしのけたたましい笑い声が聞こえてくると、マリラは、いらいらしてしまうと言うのよ。 ...