とよめ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 振りかえると神楽場の灯と、囃子のとよもしとが手にとるようであった。 ...
  • その先頭せんとうのおともが、声をあげて、下に下にとよんでいるのでした。 ...
  • それを思念とよんでいいのかどうかさえ、ぼくには判断がつかない。 ...
  • このようにしてつくられたものを、こんにち〝抗生物質〟とよんでいる。 ...
  • だから私はこの種の発言を歴史哲学的な記述とよんだのである。 ...
  • お鼻の上にホクロがありますから、これは点々とよむんでしょうか。 ...
  • また、そこにひとりですんでいる林さんを、まほうつかいとよんでいました。 ...
  • 暮頃よんでいたのは多く一とおりはもとよんだものでして、やっぱりその感じでした。 ...
  • 登米行の高速バスも「とよま」行として、別系統であることを強調している。 ...
  • 小兵衛はこれを「冷やし汁」などとよんで、夏の大好物の一つにしている。 ...
  • しかし、ヒステリーを臓躁病などとよんで、実際にはちゃんといたのである。 ...
  • 桐生川の川底の石にはこのあたりの子供たちがチョロとよんでいる虫が無数についている。 ...
  • 発展途上国において急速な識字率の上昇が認められる 識字はしきじとよむ。 ...
  • 増山家よこには品川の海へ注ぐ小さな川があり、ここにかかる橋をなみだ橋とよんだ。 ...
  • 量子力学では原理的に測定できる量をオブザーバブルとよんでいる。 ...
  • つまり、電気のすべての長、長というのはかしらとよむ。 ...
  • つまり、電気のすべての長、長といふのはかしらとよむ。 ...