とよば

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • なんとなれば、経験の内容とよばるるもの自身がすでに、多くの人によって誤解されておるように、固定して動かすことができないように存在しておるものではなく、これを経験する魂によって創造されるものであるからである。 ...
  • 「桟敷にある方々は、口を耳わきまで開きて涎をながし、余りの面白さに声をあげて、我死ぬはたすけよ、耐へがたやとよばふもあり」『増補江戸咄』の一節。