とふつ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 渡仏以来、母語である中国語ではなくフランス語で作品を執筆している。 ...
  • 渡仏当初から小説を書き始め、出版社に原稿を送ったが次々と断られた。 ...
  • タネールは渡仏し、 いくつかの商業映画の助手をしばらくやっていた。 ...
  • 絵の勉強のために渡仏したのは太平洋戦争のはじまる前の年である。 ...
  • その後渡仏し、1977年パリで個展を開き、パリ・東京を拠点に活動。 ...
  • 哲学のアグレガシオンの準備のために渡仏し、ソルボンヌ大学に学んだ。 ...
  • 大正時代に渡仏し、第二次世界大戦の時期を除いて戦前・戦後のパリで活動。 ...
  • 渡仏して以来、数々の勲章・賞を受けたが、一度も帰国せずにパリで没した。 ...
  • 渡仏当初はパリ20区ので小さいアパートを借りて不安定な生活を送っていた。 ...
  • 渡仏してから一度も日本へ帰ることはなかった。
  • このパリの万国博覧会に日本から出品物係りとして渡仏した一人の日本人商人がいた。 ...
  • トリスタン・ツァラはすでに前年に渡仏し、パリで活動していた。 ...
  • このときの渡仏の記録は『コーサーパーンの日記』に記されている。
  • とふつうだったら考えてしまうところを、鹿も馬も同じだよと言い切ってしまう。 ...
  • その後渡仏し、パリ政治学院の前身たる自由政治科学学院で学んだ。 ...
  • 悪人とんだのは、彼の渡仏の希望に反対している人や渋い顔をしている人のことだったからだ。 ...
  • 夫の転勤でジブチ共和国に越し、1992年に夫の帰国に伴って渡仏。 ...