とても上手

89 の用例 (0.00 秒)
  • わたしの友だちで習いはじめて、とても上手になったかたがおりますわ。 クリスティ/小西宏訳『パーカー・パイン1』より引用
  • 「きっと起こすのがとても上手なんでしょうね」と、カールは、言った。 カフカ/谷友幸訳『アメリカ』より引用
  • わたしたちは二人とも、とても上手に演じていたと思ったけれど? 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』より引用
  • それにその方は、とても上手な日本語をしやべったけれど日本人じゃなかったの。 大沢在昌『深夜曲馬団』より引用
  • 彼女はモスクワの日本語学科の出身だけあって、会話がとても上手だった。 星新一『きまぐれ体験紀行』より引用
  • だからこのことはとても上手にやらなくちゃいけないよ。 ボッカッチョ/柏熊達生訳『デカメロン(下)』より引用
  • このコーヒーがとても上手にいれられていたので、みんなははじめて平和の味を思い出した。 永井隆『ロザリオの鎖』より引用
  • その患者は物を作るのが好きで、それにとても上手でした。 パトリシア・コーンウェル『証拠死体』より引用
  • けれども彼女たちを見ていると、いろいろな感情がとても上手に覆いがされているのだ。 林真理子『ルンルンを買っておうちに帰ろう』より引用
  • そして、その支配人がとても上手に仕事のこつを教えてくれることも知った。 内田春菊『あたしが海に還るまで』より引用
  • あの女は歌手で、わたしからいうのも何だが、とても上手です。 ダイン/井内雄四郎訳『ベンスン殺人事件』より引用
  • お化粧がとても上手で、大人のメイクを教えてもらっています。 林亮介『和風Wizardry純情派 1』より引用
  • その子は運転がとても上手なので、一時間以内には着いてみせるって言ってました。 恩田陸『ドミノ』より引用
  • 彼の台詞は臨場感があって、感情がこもっていてとても上手だった。 恩田陸『ドミノ』より引用
  • 男の人の扱いが、ある意味ではとても上手だったわ。 藤堂志津子『ジョーカー』より引用
  • とても上手に吸ったので、軽い灰がサラサラと氷の上に散っていった。 小松左京『復活の日』より引用
  • 私はとても上手な役者なのよ、誰もそうと知らないけれど。 クリスティ/河野一郎他訳『事故…クリスティ犯罪・怪奇傑作集』より引用
  • おまえの愛すべき母親はこういうことがとても上手でね! オースティン/ハーディング祥子訳『エマ(上)』より引用
  • 日本人は「間をとる」ことが好きだし、またとても上手である。 呉善花『新 スカートの風』より引用
  • それは、日本語がとても上手な外国人の発音に似ていた。 川又千秋『1+1=0』より引用
  • 次へ »