とさへ思はれる

17 の例文 (0.00 秒)
  • それが信じられなければ、こんな仕事はおよそ意味がないとさへ思はれる。 ...
  • これにくらべれば、彼が今まで感じてゐた河原町そのものは単にその外形であり、彼はこの町の住民ではなかつたとさへ思はれるのであつた。 ...
  • 世界のうちで目醒めてゐる者は、噴水の水ばかりである、とさへ思はれる程の静けさでありました。 ...
  • あの男の書いたものなどは、今の人がかういふものをかういふ風に書けといふ要求を、理想的に満足させてゐはしないかとさへ思はれる。 ...
  • 「芸術」と「法律」とはそんなに縁の遠いものではないといふことを、私は近頃いろいろな機会に感じるのであるが、この両者の接近が、どうかすると、一国の精神文化の水準を示してゐるのではないかとさへ思はれることがある。 ...
  • さうして、時には變態的かとさへ思はれる事もある。 ...
  • あの鎌倉の月影がヤツの小さな家で手紙を書いてゐた阿仏尼などは、今の私どもが訪問したり食べたり買物したり自働車と電車に乗つたりする凡ての時間を悉く手紙を書くことと子供らのための祈りとに費したのではないかとさへ思はれる。 ...
  • かういふところへ来ると、私は、彼女の「淋しさ」が「空想の淋しさ」ではなかつたかとさへ思はれるのであるが、それをさうと断言する自信は私にはまだない。 ...
  • そのつり合ひはこの季節そのもののはだざはりのやうで、微妙なものはこはれやすい、花の命の短かいのもやむをえないことかとさへ思はれる。 ...
  • 極端なものになると、「文化」即ち「娯楽」といふ風に考へてゐるのではないかとさへ思はれる節もあるくらゐで、多くは「芸能」に関することを「文化」の名で一括してしまふ非常識が平然と通用してゐるのであります。 ...
  • 尤も如此迂濶さは日本人許りでなく西洋人も同じ事で或は寧ろ日本人以上であるとさへ思はれるのであるが、斯う云ふ事では何時迄經つても支那人を理解し正しく彼等を評價することが出來ずして、國家的にも國民的にも所謂親善關係を構成することが出來ないであらう。 ...
  • 苦しい、苦しい、まるで獣芝居に出てくる白猫の役者のやうに初めは白い毛皮の身のまはりを嘲笑あざわらつてゐた人間の浮かれ心までが、遂には真実に淫逸な四足よつあし獣の悩ましい悲念に帰つてゆくのではないかとさへ思はれる位、霧は怪しくふりそそいでくる。 ...
  • 一見したのみでは、特に法文に掲ぐるに及ばぬかとさへ思はれる微細な怠慢でも、驚くべき重い罰を加へる。 ...
  • ぢつとながめて居ると、この宏大な、重い、頑丈な赤いものが、ずんずん高くのびて行つて、無限に天上までも届いてしまふのではあるまいかとさへ思はれる。 ...
  • 浪漫的ユモリスムから古典的自然主義への進展は、彼に取つては一つの飛躍であり、転向であるとさへ思はれるのであつて、小説「にんじん」に含まれる「俗情」の意識的暴露は、ルナアルの一生を通じて、悲劇的な執拗さを示してゐるにもせよ、読者を反撥せしめるものが次第になくなつて来た。 ...
  • つかんだらぐにやりとつぶれやしまいかとさへ思はれる。 ...