で煮込んだ料理

17 の例文 (0.00 秒)
  • 土佐名物である鰹節を削ったものを野菜などとともに醤油で煮込んだ料理。 ...
  • 平安時代には、すでに昆布を醤で煮込んだ料理が作られていた。 ...
  • 豚肉を、細かく刻んですりおろしたキャッサバの葉で煮込んだ料理である。 ...
  • このため、肉や魚などをタロイモの葉とココナッツミルクで煮込んだ料理のこともルアウと呼ばれる。 ...
  • スペインにはカジョスもしくはカリョスと呼ばれる牛の胃を赤ワインで煮込んだ料理がある。 ...
  • 生のイカに米やジャガイモを詰め込んで醤油味で煮込んだ料理は北海道日本海沿岸に古くから存在する料理で、大正、昭和初期の松前町や焼尻島など、各地で食されていた。 ...
  • ウルペルシェクはウマの心臓や大動脈、脂肪を薬缶で煮込んだ料理であり、よく結束の印として義理の姉妹の間でわけあって食べる。 ...
  • 鳥モツは福島県喜多方市塩川町で食される、鶏皮を醤油や味噌で煮込んだ料理のことである。 ...
  • 乾燥させた香草と野菜と羊肉をスープで煮込んだ料理。 ...
  • スマトラのパダン料理はインド、中近東、イスラーム文化の影響を受け、肉や野菜を香辛料で煮込んだ料理が多い。 ...
  • パラオでは、捌いたコウモリの肉をココナッツミルク、生姜、及び香辛料で煮込んだ料理が伝わる。 ...
  • 手打ちの太麺と季節の野菜やサトイモ、ダイコンなどをたっぷりの汁で煮込んだ料理であるおっきりこみ。 ...
  • 濃漿は江戸時代までは盛んに作られており、鯉ばかりでなくウナギ、フナ、スッポン、サンショウウオ、各種野鳥などでも作られていたとされ、臭みの強い魚肉類を濃く仕立てた薄味噌で煮込んだ料理だった。 ...
  • ぶつ切りの豚あばら肉や内臓肉を、漢方薬に用いる生薬と中国醤油で煮込んだ料理で、一般的には土鍋で供され、白米にスープを掛けながら食べる。 ...
  • ウィーンで有名な鯉料理に、肝、白子、タマネギのみじん切り、柔らかくしたパン、卵を混ぜ合わせたものを鯉に詰めて赤ワインで煮込んだ料理がある。 ...
  • クルミや黒砂糖を包んだ団子を、野菜、焼き豆腐、油揚げ、かんぴょう等と共に昆布と煮干しの出汁で煮込んだ料理である。 ...