でも好い

156 の用例 (0.00 秒)
  • 御門や后の宮の御車を見ることか出來るだけでも好いといふのであつた。 田山花袋『道綱の母』より引用
  • しかし、私には急にそんなことがどうでも好いように思えてきた。 イネス/池央耿訳『怒りの山』より引用
  • 実を云うとその善悪などはむしろどうでもいとまで思っている。 夏目漱石『思い出す事など』より引用
  • 低俗なこんな美術が君を忌避するが、さういふ事はもうどうでも好い。 長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(下)』より引用
  • 今のうちはこれでもいが、年をってから全くの無芸でも変テコなものだよ。 高村光雲『幕末維新懐古談』より引用
  • 唯一でなくして幾個でも好いがただ任意の数であってはならないと云うのである。 戸坂潤『科学方法論』より引用
  • ああ、思えば一度でもいから、わたしの説教を聴かせたかったと云った。 芥川竜之介『猿蟹合戦』より引用
  • 何うでも好いことだが一体あの芝居は評判が好いのか知ら? 牧野信一『エハガキの激賞文』より引用
  • 何でも好いから糸公を連れて行ってやってくれ。 夏目漱石『虞美人草』より引用
  • だが世間ではそんなことはどうでも好いのである。 戸坂潤『社会時評』より引用
  • 私はいつでも好い記憶力を持っていた筈だ。 福永武彦『夢みる少年の昼と夜』より引用
  • 人間はなんでも好い友達を持たなければいけない。 岡本綺堂『青蛙神』より引用
  • 立っているのも危いような急斜面だ、これでも好い所かと可笑しくなった。 木暮理太郎『黒部川奥の山旅』より引用
  • お前達なんかはどうでも好いぞと云う様な風を見せられちゃ、何ぼ私共みたいな土百姓でも虫が黙って居ませんや。 宮本百合子『お久美さんと其の周囲』より引用
  • それはどうでも好いとして、あなたは警察や裁判所から彼此言はれる事があるかも知れない。 森林太郎『鱷』より引用
  • それだけでも好いには好いのだけれど、 人もそれだけにしきゃ思ってはくれない。 森鴎外『ファウスト』より引用
  • こんな事は言ふやうなものゝ、己は実はどうでも好いのだ。 森林太郎『樺太脱獄記』より引用
  • だからこのさい誰かの紹介を貰って、どこでもいから癲狂院を見物したいと云っているんだ。 芥川竜之介『路上』より引用
  • 百代子は、あたしもうおさかななんかどうでもいから、早く帰りたくなったわと心細そうな声を出した。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • 百代子は、あたしもう御魚なんかどうでも好いから、早く帰りたくなったわと心細そうな声を出した。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • 次へ »