てばた

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 彼はこれまでの処刑を観察して何歩歩けば手旗が振り下ろされるか知っているようであった。 ...
  • 長く駅員の手旗合図によってきたが、末期には代用の色灯信号も設置されていた。 ...
  • これは、当時鉄道規則で義務付けられていた手旗による列車防護なしで行われた。 ...
  • 遠隔にいる人がその手旗や腕木を見て、本来の言葉などに戻して解釈することになる。 ...
  • 葵がそのほうへ両手をあげて、それを手旗のように振った。 ...
  • さらに手旗を用いるように改善され、夜間はランプを用いて合図するようになった。 ...
  • 視覚通信は類似した旗を用いて行われたが、符号と手旗の操作はマイアーの方法から若干修正された。 ...
  • 手旗または徒手によりモールス信号を行なうときには、次によるものとする。 ...
  • ほれ、そこのホームの端の雪だまりにね、しっかり手旗にぎって倒れてたですよ。 ...
  • 手旗とは、手に持って使用する形式の旗。 ...
  • 重松の零戦がその近くを回ると、手旗で、「カエレカエレ」と信号した。 ...
  • まあそこまで原始的な通信手段に戻らねばならないものなら、いっそのこと手旗でも振ったらどうです?
  • 彼がうちふる大きな手旗が、警視庁の同志に向かって絶叫を発した。
  • そこから眼鏡めがねごとのぞき込んで前方を拡大してみると、列車の脇、ホーム上で駅員が手旗などを必死に振っている様子が見えた。
  • また、初日・二日目はレース時のエンジン始動を手旗発走時代の方式が再現された。 ...
  • 現在でも大時計の故障・動作不良などの事態が発生した時には、代替手段としてかつての手旗方式による発走が行われる事がある。 ...
  • 赤い手旗をふっている信号手が、ひどくかっこうよく見えた。 ...