てあたりしだい

全て 副詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • すこしばかり持っていた金を、てあたりしだいなににでも職をもとめて、できるだけ食いのばしながら、町から町へ、彼は敵を求めてアメリカ中を旅してまわった。 ...
  • そもそも西部未開の地にあっては、泥濘ぬかるみの深さ計り知れずおそろしく、道はただ丸き荒木を押し並べ、太古の色もせぬ間に、土、芝、その他てあたりしだい、あらゆるものにて覆いしもの。 ...