づらう

30 の例文 (0.04 秒)
  • 先輩も居づらそうだったし、俺もこうしたほうがいいとは思ったけどさ。
  • 駅銘板は設置されておらず道路側からは駅と判別しづらい状況であった。 ...
  • これには独特のにおいがあり、慣れていない場合は飲みづらいとされる。 ...
  • アメリカに長く居すぎたら、ついには日本にさえ、居づらくなりそうだ。 ...
  • つまり私どもが忙しい中で書きづらく感じるのは用事のない手紙である。 ...
  • アルジェ国鉄が運行する近郊電車の駅は若干離れており利用はしづらい。 ...
  • 特に夜は利用しづらいため、中央高速バスの昼行便しか停車しなかった。 ...
  • 普通、あまり縁のない土地の雰囲気というものは書きづらくて苦労する。 ...
  • からかうつもりで話を聞いているうち、そのまま帰りづらくなってきた。 ...
  • ひっくり返すのに君が関わったことが知れたら、やりづらくなるだろう。 ...
  • これらの違いは幼い植物体ではわかりづらい場合があるようである。 ...
  • それがひどく開けづらかったので両手で把手をまわさねばならなかった。 ...
  • はっきりいいづらいのだが、いやいややっているみたいなところがある。 ...
  • 市内を走る名鉄名古屋本線への連絡も考慮されておらず利用しづらい。 ...
  • しかし、この呼称は非常に長いため、認知されづらくなる恐れがあった。 ...
  • 近づくにつれて、それが五十がらみの馬づらの男であることがわかった。 ...
  • しかも第一回は非常に読みづらく、最後までまともに読める人がいない。 ...
  • 少々歩きづらくとも磁石が示す方向へ進むべきだ、と考えたからである。 ...
  • ちょうど獣が、鼻づらを地面に当ててじっくり吠える時のようであった。 ...
  • どんどん地図に接近してくる鼻づらが邪魔で、地図を描くのに集中できない。 ...
  • ヨセフは自分の息子の目の中の自分の髯づらに挨拶するようにうなずいた。 ...
  • もう一人の娘は狐づらの骨皮スジエモンであるから、誰が覗くものかね。 ...
  • 彼は近づいて、赤い布の鋭く尖った先を牛の濡れた鼻づらに突っこんだ。 ...
  • 志願者はこの企業が客から見えづらい裏側での仕事を要求したと主張。 ...
  • そのことが、かへつて小説を書きづらくしてゐたことを、私は後に知つた。 ...
  • 動きづらくてバツのわるい思いをしなくていいところは、そこしかない。 ...
  • ところが最近、信州の野づらをながめているうちに気が付いたことがある。 ...
  • 今まで遠慮していたから抱きづらかったが、これなら少しは楽になる。