つるべ落とし

16 の例文 (0.00 秒)
  • はすでにかたむき出し、つるべ落としの秋の夕暮ゆうぐれの近さを思わせた。 ...
  • つるべ落としとはよく言ったもので、夕景を楽しむには気を抜いてはいけないらしい。 ...
  • バブルがはじけた時と似て、秋の陽もまさにつるべ落としである。 ...
  • つるべ落としの季節で、夜のとばりが押し寄せ、外はすでに真っ暗になっていた。 ...
  • 私は、つるべ落としの秋の陽のほうも、もっとスピード・アップして、早く暗くなってほしいと念じたものだ。 ...
  • 足をとめずに小暗い森の中を進むうちに、つるべ落としの火星の日が暮れて、夕闇があたりに垂れこめてきた。 ...
  • つるべ落としと云われるほど暮れるに早いこの頃の日は、見る見る裾野を夜に導き、朦朧もうろう四辺あたりを闇にした。 ...
  • 紅葉もみじが赤く染まって、眺める間もなくつるべ落としに日がれるような、秋の終わりだったと思う。 ...
  • 日は容赦なくつるべ落としに落ちかかり、遠くの岩場で悲しげにオオカミの鳴くのがきこえはじめる。 ...
  • 零戦隊の援護の及ばぬうちに、グラマンは次から次につるべ落としに艦攻隊に襲いかかった。 ...
  • 中国・インド需要によって、需要は右肩上がりになるのに、生産量のほうは石油ピークを過ぎると右肩下がり、つるべ落としになってゆき、需給がミスマッチを起こし、価格が高騰する。 ...
  • 巨浪が蒸気船のデッキから彼をさらい、窒息しかけ、つばを吐き散らす彼をこの荒涼たる浜辺に打ち上げてから、これで二十二回、ウォルドー・エマースンは太陽がつるべ落としに西の水平線に沈んでいくのを眺めた。 ...
  • 秋の日はつるべ落とし。 ...
  • つるべ落としにしだいに暮れて、そこはかとわびしい初秋の夕暮れが近づきました。
  • 秋の日は、つるべ落としにあわただしい。 ...