つるべ打ち

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • いっそのこと、川岸まで砲をもってゆき、釣瓶つるべ打ちさせようかとまで思う。 ...
  • つるべ打ちをらうのが目に見えているのにマウンドに立ちたがるピッチャーはいない。 ...
  • 二年前から、やいのやいのと親からは縁談のつるべうちだったらしい。 ...
  • 以前からあったものらしいが、新しい経験、新しい感覚のつるべうちに、その瞬間まですっかりまぎれていたのだ。 ...
  • 容赦ようしゃのない釣瓶打つるべうちに和穂は心配そうな声を上げた。
  • だから、あんな奴にと思うような男に多くの女がひっかかって、恋猟人ラブハンタアの附け目となり、釣瓶つるべ打ちにもされるのだ。 ...
  • それに続いて釣瓶つるべ打ちの銃声が伊達勢から起こった。 ...
  • それと同時に、いつの間に握りしめていたのか、竜子の手にした拳銃がつるべうちに火を吐いたのだ。
  • ザロモンの指摘しているようにランゲマルクの戦闘で釣瓶打ちの砲火を前にして美しい死に方をしたのはフィヒテであり、ドイツ観念論哲学であった。 ...
  • ぜんぶ、湯浅喜久治の関係した舞台ばかりが、つるべ打ちに芸術祭の賞をとった。 ...
  • ジャイアンツは桑田真澄が投げていて、スワローズ打線のつるべ打ちにあっていた。 ...
  • と頭の上ではなく、空の横ッチョあたりのところから紫色の火花を散らして、釣瓶つるべ打ちにして雷撃してくる。 ...
  • これ以上は望めないという至近距離からのつるべ打ちは、今度こそ本当に、黒い狂戦士の息の根を止めた。 ...
  • 一たび急がつげられたら、この格子窓からつるべ打ちに銃火をあびせかけられることは必至である。 ...
  • それが草のなかへ落ち込むやいなや、同じようなつるべ打ちがはじまり、すぐに止んだ。 ...
  • 息もつかせぬ釣瓶打つるべうち。 ...
  • 或時は極めて間遠に或時は釣瓶打つるべうちに烈しく啼く。 ...