つらぬきとおそ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 自分の意志をつらぬきとおすときの、それは彼の癖だった。 ...
  • それを、すべてのことにわたって、つらぬきとおしていました。 ...
  • かれが次にわたしを愛してくれたとき、エクスタシーはわたしをつらぬきとおす槍のようだった。 ...
  • 日本の道統と彼が信じるものを純粋につらぬきとおすことが、この少年の念願だった。 ...
  • 先頭の馬があえぎながら崖上へたどりついた瞬間、アルスラーンの剣が騎士の胸をつらぬきとおした。 ...
  • 現象面の悪だけではなく内面における悪の存在を考えるとき、誕生から臨終まで徹頭徹尾あまねく善人をつらぬきとおした人間などおそらく誰一人としていないであろう。 ...
  • 第三撃は微弱な抵抗をはねとばしてアルスラーンの身体の中心をつらぬきとおすはずだった。 ...
  • たった一人で荷車にぐるまいて大陸を横断するように、ヌウェンは意志をつらぬきとおし、勝利の一歩手前まで来ていたのだ。 ...
  • 怒りでわれを忘れ、コナンは長剣をふりあげると、まるでそれで大理石をつらぬきとおそうとするかのようなしぐさをした。 ...
  • よしんばそれらしいものを見出したとして、果してそのうちの幾人が、自分の最初の希望を、人生の終りまでつらぬきとおすことができるだろうか。 ...
  • 懐剣の刃が手応えも鮮やかに深く肉をつらぬきとおした。 ...
  • エネルギー中和システムの能力が限界をこえた瞬間、灼熱した光のほこがアースグリムの艦腹をつらぬきとおした。 ...
  • この世では、思い立ったことは、つらぬきとおすか、さもなくば、初めから何も思い立たぬがよいのだ。 ...
  • その狂暴な視線ははるかかなたの神秘な紫色のかすみをにらみつけ、まるでそれをつらぬきとおそうとでもしているかのようだった。 ...
  • 「しかも、あくまでも、攘夷をつらぬきとおすつもりでいる」 これも当然なことだ。 ...
  • 緋色の怪獣の皮膚は鋼鉄のように硬く、ヴァルカルトの豪刀もつらぬきとおすことが不可能だった。 ...
  • 炎を背景として、敵のひとりが死の短い舞踊をおどったが、斜めから応射された一閃いっせんが、ルッツの右側頭部をつらぬきとおし、耳から血をほとばしらせた。 ...