つて云ふんです

17 の例文 (0.00 秒)
  • あたしをこんな淋しい処へ一人で置いて置くわけに行かないつて云ふんですのよ。
  • 万一話がつかなければ、また家を出て来いつて云ふんですもの。 ...
  • 一番多いのは雨のふる日だつて云ふんですが。
  • そんなもんぢやないつて云ふんです。 ...
  • だから、お前が一番にお父さんの前に出て、「お帰りなさい」つて云ふんですよ。 ...
  • 一度なんか、自分で火を起して洋服を乾せつて云ふんです。 ...
  • 今まで見たうちで面白かつたのは、変な、ブラジルかなんかの、森や牧場の実写だけだつて云ふんですからね。 ...
  • それで、恒子は、今になつてこんなことを云ひ出すのは不嗜ふたしなみのやうだけれど、将来のことを、もう一度考へ直してみたいつて云ふんですの。 ...
  • 礼子さんが此処へ来たいつて云ふんです。 ...
  • 私は肺が惡いんでせう、肺は感染うつつてからでも十年位もひそんでゐるつて云ふんですもの、もしも私が死んでしまつてから、あなたが病氣になつて死ぬやうなことがあつたら、幸子はなんといふ不幸な子になるでせう。 ...
  • 大隈 へえ、才能が乏しいつて云ふんですか。 ...
  • 何時でもゐないつて云ふんです。 ...
  • 処が、バタ附を買つて帰ると、ジヤミ附がいゝつて云ふんですつて。 ...
  • 床屋 特別に安くしとくつて云ふんですね。 ...
  • 「や、これはすみません、」 「なんだか辛いお酒だつて云ふんですよ、」 「さうですか、戴きませう、」 登は茶の盆をすこし左の方に押しやつてから、コツプの乗つた盆を引き寄せ、それを持つてすこし舌の先に乗せてみた。 ...
  • 珠枝 でも、是非つて云ふんですの。 ...