つけ足さ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 最後につけ足したたった一本の線で、絵の印象いんしょうががらりと変わっていた。 ...
  • 「要するに急死ですな」 宗太郎が二人の友人の顔を眺めてつけ足した。 ...
  • 「地獄に行ってもまだ寒いって言うんでしょう、」と彼女はつけ足した。 ...
  • 玄関をつけ足すと言っていたが、では息子は大工になるのだろうか。 ...
  • この二人以外は、あとはもうみんなつけ足しのような感じだった。 ...
  • それはおまえが前に言ったことばに、何一つつけ足すことができないためだ。 ...
  • お望みなら、それをきみの専用にしてもいいよ、とルネはつけ足しさえした。 ...
  • それに新しい筋肉ブローンと会うのもね、と彼女は心のなかできっぱりとつけ足した。 ...
  • というより、その土師器というのは、むしろつけ足しであったらしい。 ...
  • いつもの小さい橋の上に彼を投げ出し、家に帰るように言ってからこうつけ足した。 ...
  • 一枚の分厚い壁がつけ足されていて、細長い部屋がもうひとつ作られている。 ...
  • それから、今自分の言ったことに気づいて、あわてて言いわけのようにつけ足した。
  • また、その流れは無数にあるのかもしれないともつけ足した。 ...
  • 「卒中という事でございます」 もう一人の若いものがつけ足した。 ...
  • それを聞き、思わず目を閉じて身を震わせる英子を見て、彼はつけ足すのだ。 ...
  • そう書いたあと、確か私はこんな言葉をつけ足した筈です。 ...
  • 私と相棒とは、後々迄此の婦人にさまざまの色彩をつけ足して噂した。 ...