ちょっと頬を染め

6 の用例 (0.00 秒)
  • 彼女はちょっと頬を染め、うれしそうな一瞥をジングル氏に投げた。 ディケンズ/北川悌二訳『ピクウィック・クラブ(上)』より引用
  • 桜花は涙ぐんだところを見られたのが恥ずかしかったらしい、ちょっとほおを染めてそっぽを向いた。 岩田洋季『月の盾』より引用
  • なでしこがちょっとほおを染め、先頭に立った。 有沢まみず『いぬかみっ!04』より引用
  • 女は、ちょっと頬を染めて、いった。 ガードナー/能島武文訳『義眼殺人事件』より引用
  • と、言いかけて、刈谷和子は、ちょっとほおを染めた。 赤川次郎『紙細工の花嫁』より引用
  • 紀子は、ちょっとほおを染めた。 赤川次郎『MとN探偵局 悪魔を追い詰めろ!』より引用