だまかそ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • ふところの所に僕がたたんでやった「だまかしふね」が半分顔を出していた。 ...
  • ふところの所にぼくがたたんでやった「だまかしぶね」が半分顔を出していた。 ...
  • 浜子さんを一番だまかそうという気があったでは決してない。 ...
  • あなたが来てると竹内さんはいつも帰ってゆくから、今日はだまかして三階に通してやったのよ。 ...
  • だが、またある折はばけたつもりでだまかしておいて貰ひます。 ...
  • おせい様をだまかすのはよしてくださいまし。 ...
  • あの連中れんちゅうをだまかして、小屋こやかられ出すだけでも、ずいぶん手間てまをとらされました。 ...
  • そして、おどかしやだまかし以外いがいのもので、じぶんたちを支配しはいしてくれる首領しゅりょうがほしいと思いました。 ...
  • だが、それが商売のつらさで、いつもわしは自分をだまかし、ペテンにかけているのだ! ...
  • 彼は人をかつぐのがずいぶんうまいという評判だったし、仮装舞踏会でみんなをだまかす腕前のよさで音に聞こえていたから。 ...
  • 私をすっかりアテネがだまかしたにちがいない。 ...
  • スヌーキーは、わたしがいろんな手でこの少年しょうねんをだまかして、出発しゅっぱつをおくらせようとしたことを、まもなくゆるしてくれました。 ...
  • 「だまかすとききませんよ」 おせい様は、帰って行くふたりを、心配そうに見送った。 ...
  • 幾日もの間、仕事の上にかがみ込みながら、みずから自分をだまかしては喜んでいた。 ...
  • 芝居というものはだまかしだ。 ...
  • その男がだまかしたのだ。 ...
  • およそ生きとし生けるものは本能にしばられるが、手前の本能は男をだまかすことか? ...