だきすくめる

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 澄江は突然ジョーヌの長い痩せた腕にだきすくめられてゐたのであつた。 ...
  • ユグロは身をねじって、自分をだきすくめている男をみようとした。
  • お母さんは夢中になって八っちゃんをだきすくめた。 ...
  • ものういやうなその静かさが、だきすくめられた澄江の耳に沁みこんできた。 ...
  • おかあさんは夢中むちゆうになって八っちゃんをだきすくめた。 ...
  • だきすくめられたまま、じっとしています。 ...
  • ぼくは両腕を大きくひろげてその白いかげをだきすくめた。 ...
  • そして彼は立ち上るとき握つてゐた鑿をなかば無意識にかたえの机の上へ置くと、突然澄江をだきすくめてゐた。 ...
  • 「清純な淫乱女だったよ」 と、いいながら、彼女の肩を、私はだきすくめることもできたのだ。 ...
  • ジョーヌは次の瞬間に澄江をだきすくめてゐた。 ...
  • この用意も、また内側から厳重に鍵がかかるようになっていたのも、陣十郎の背をだきすくめている怖ろしい女郎蜘蛛じよろうぐも刺青ほりものを、何かの拍子ひようしで奉公人たちにも見とがめられないようにするためだった。 ...
  • 頭から三十センチばかり下を片手でつかみ、もう一方の手で何度もその顔に平手打をくわせてからぎゅっと胸にだきすくめた。 ...
  • ふりむいた澄江の顔に驚きと訝しさとが表れて、まだ一言も喋らぬうちに、すでにジョーヌの長い腕があたかも唖の狂人のやうに彼女の胸をだきすくめてゐた。 ...
  • すると、その少女の顔のうしろから、もう一つの顔が、ヌーッとあらわれたかと思うと、少女をだきすくめるようにして、そのまま、おくへきえていきました。 ...
  • 村上はパッと少年にとびかかって、いきなり、そのからだを、だきすくめてしまいました。 ...
  • そのとき、ふたりのあらくれ男が、両方から小林君をだきすくめ、グルグルと、縄をかけてしまいました。 ...
  • 彼らがフトンをしき終ると、一人が記代子をだきすくめた。 ...