たりといへり

17 の例文 (0.00 秒)
  • されどその姿勢態度動作に関してはあくまで自然たらん事を努めたりといへり。 ...
  • さてはと合点して再び以前の場所へ引き返して見れば、山にて殺したりし女は連れの者が見てをるうちにつひに一匹の狐となりたりといへり。 ...
  • 後に谷底にてこの坊主の死してあるを見たりといへり。 ...
  • わが生涯は是の如く二境に分れたりといへり。 ...
  • その蛇はあじか何荷なんがともなくありたりといへり。 ...
  • されどモツアルトはみづから美しく強き夢のうちより其調を得たりといへり。 ...
  • 袋を捨てて逃げ帰り大いに煩ひたりといへり。 ...
  • 果して其朝はひとつも獲物なくして帰りたりといへり。 ...
  • 一同ことごとく色を失ひ逃げ走りたりといへり。 ...
  • 山男よと口々に言ひて皆々逃げ帰りたりといへり。 ...
  • 氏は東京市会が電車市有の決議を為したるを見て、直に属僚に命じて市有案を編制せしめつゝありしに、市参事会員は其の同一属僚をして更に反対の立案を為さしめたりといへり。 ...
  • その後久しく煩ひたりといへり。 ...
  • 氏は東京市會が電車市有の決議を爲したるを見て、直に屬僚に命じて市有案を編制せしめつゝありしに、市參事會員は其の同一屬僚をして更に反對の立案を爲さしめたりといへり。 ...
  • さきの想山はさらに「予が友 山崎美成〈江戸の雑学者・文久三年・一八六三歿・『世事百談』その他の著書がある〉文化十二年〈一八一五〉三月 戸塚宿通行せし時 往来にむしろを敷きて陰嚢の上に鉦を置て 打ならして銭を乞居こいいたるを見受けたり 是は三代目の大睾丸と見えたりといへり」と書いている。
  • かく言ふうちにも今にそこへ帰つて来るかも知れずといふゆゑ、猟師も恐ろしくなりて帰りたりといへり。 ...
  • 烏奴國 本居氏は周防國吉敷郡宇努郷とし、又大野といふ處も西の國々にこゝかしこ見えたりといへり。 ...