たらどんなだろう

17 の例文 (0.00 秒)
  • 触れてみたらどんなだろう、と想像したこともある。 ...
  • もし窓の彼方側を向いて居たらどんなだろう。 ...
  • もしも別荘の裏の林の中でこれを撃ってみたらどんなだろう。 ...
  • 触ってみたらどんなだろうと思うことがある。 ...
  • まあほんとに私が行って見たらどんなだろう。 ...
  • この変り果てた姿を、老先生が一目見たらどんなだろうか。
  • 集中化されているあいだトリクシアは、彼らとこうしてじかに、おなじ目の高さで話したらどんなだろうとよく想像したものだった。 ...
  • そしてしいま自分の待っているのがその踊り子ではなくて、あの絹子だったらどんなだろうと空想した。
  • 正月の休みをもう一度ふたりだけで過ごしてみたらどんなだろうか、という彼のアイディアの提示を、彼女はすんなりと受け入れた。 ...
  • いまからこんな調子では、夫婦になったらどんなだろうと、お早がおそれをなしているところへ、降ってわいたのが喜久屋のはなしである。 ...
  • 雨が降ったらどんなだろう。 ...
  • 一〇代のころには、自分が二〇になったらどんなだろう、三〇になったら、四〇になったら、五〇になったら、と、その都度そんなことを思ったのだろうけれども、なってみると、全然、内実はかわってないのだ。 ...
  • キクフジだったらどんなだろう! ...
  • 雑然たる高雄の街路を走りながら、ああ、これがおれの運転する車だったら、そこの道を曲がってみるのに、あの山のてっぺんまで行って、見おろしてみたらどんなだろう、とか次々に想像が膨らんでくる。 ...
  • 都会の夏の夜でさえ無気味なものが、人里はなれた原っぱなんぞでぶつかったらどんなだろう。 ...
  • 死人に口なしをいいことに、死者にムチ打ち、その口に無理矢理、あめでもなめさせたらどんなだろう。 ...