たらしゅう

30 の例文 (0.02 秒)
  • きゅうに声がどこか別の世界に行ったらしく聞こえなくなってしまいました。 ...
  • 私の母は男たらしで、次から次へ父以外の男と関係していったんですね。 ...
  • おれがいないのをいいことに、おれの女を口説いてたらしいじゃないか。 ...
  • 小袖の背をゆっくりと後ろに引くと、そのまま静かに首を前にたらした。 ...
  • 見物のなかに連れが腹ふりを始めた者があったらしく尋ねる者があった。 ...
  • 父は母がもはや半ば廃人であることをさへ忘れてしまつたらしかつた。 ...
  • 暫くすると、尻に針を持つたらしい一人の学生が衝立つゝたつて博士を呼んだ。
  • 黒い細いリボンを白シャツの胸にたらした女が大きな紙の上で計算している。 ...
  • もう誰もいない平坦地には、お父さんが水っぱなをたらして待っていた。 ...
  • 娘が国立音大に入ったことを、会社や近所で自慢してたらしいんですよ。
  • ホロはすぐにどこに向かっているのか察したらしく、だまってついてくる。 ...
  • 彼は脂汗あぶらあせをたらして時間一杯を最後まで苦しみ、とうとう白紙を出した。 ...
  • 滑りを良くするために椿油をたらし紙を痛めないようにすることもある。 ...
  • 空では白鰻のやうな雲も、みんな飛んで行き、大三は汗をたらしました。 ...
  • しばらくしてから、鼻をたらした、ひどくきたない子供がドアをあけた。 ...
  • 今度のはどうするか知らねぇが、昔はその中から選ばれてたらしいよ。 ...
  • 血をたらしたお菱の唇は動かないのに、おげ丸にはお菱の声が聞えた。
  • とね 川下に、また新しく湯の出るところがみつかつたらしいんですよ。 ...
  • こんなムゴたらしいことをせずに、奥さんと、お別れするつもりだつた。 ...
  • かなり深い負傷であつたらしく、そこだけが五分程も低まつてゐた。 ...
  • それで私も気になって見てみると、純ちゃんはずっと本を読んでたらしい。
  • 朝顔形の鼻孔をした大柄な顔付きで肩までかかる黒い髪をたらしていた。 ...
  • 西洋婦人といふものはなかなか隅におけないと有島氏は思つたらしかつた。
  • 六十を二つ三つすぎたらしく見えるおじいさんと、三十前後の女客と。 ...
  • 匿名の手紙が来たとすれば、あの厭味いやみたらしい男からにきまっています。 ...
  • 束ねずにたらしたままの長い髪には光があたってうすい銀色にひかった。 ...
  • そのまた帯の結び目のたらしは長く下って居るが実に異様な立派なるものです。 ...
  • それでどこか静かなところに越そうと場所を探してたらしいんです。