ために奉仕

59 の用例 (0.00 秒)
  • 子供のときから他人は自分のために奉仕するものと思っている。 松本清張『迷走地図(上)』より引用
  • コレクションのために奉仕している自分を、改めて発見することができた。 小川洋子『沈黙博物館』より引用
  • まるで、この半月ばかり、姉のために奉仕したような気がしていやだった。 菊池寛『貞操問答』より引用
  • 彼は残りの人生をかけて、神のために奉仕することに専念することを誓った。
  • それでも病の身を押して蟻の街の子供たちのために奉仕した。
  • 偉大なる音楽は、もはや特権階級の人々の楽しみのために奉仕してはならない。
  • ふたりの神は、ユピテルから、一年間人間のために奉仕するようにと命じられたのである。 オウィディウス/田中秀央・前田敬作訳『転身物語(下)』より引用
  • これらの共通点は建前上、自己の利益のため肉体的な活動を行わず、あるいは社会のために奉仕する身分と考えられていたことである。
  • 各ネイトにはそれぞれネイトのために奉仕する勢力があった。 眉村卓『不定期エスパー1』より引用
  • 如何に日頃、他人のために奉仕をしていないかという証拠だ。 横尾忠則『なぜぼくはここにいるのか』より引用
  • 後に残ったのは、何のために奉仕したのか分からぬ心の強行によって荒らされた残土のみである。 秋山駿『人生の検証』より引用
  • 終わりのない当直をつづけながら領督りょうとくのために奉仕させられていた場所で、かつての愚人ぐじんたちは自由の身になりはじめていた。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • これは愛を基本として、人類の幸福のために奉仕することこそが人道であり、人道というのが社会においての最高の表現であるとされた。
  • 彼には妻と別れて以来、こうした法案を起草することによって、前よりもさらにいっそう主のために奉仕しているような気がするのだった。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • そして植物のために奉仕するのだ。 半村良『楽園伝説』より引用
  • この教会の長老の1人に選ばれ、10年間信徒のために奉仕した。
  • その上、500年後の世界を住みよくするため、今のうちは人のために奉仕することを誓う。
  • 他の社会を知らず、ほかの国の人の登山という遊びのために奉仕しなければならぬネパールの人を、私はひどく気の毒に思った。 植村直己『青春を山に賭けて』より引用
  • 人は無償で他人のために奉仕するという、あのばかげた夢からはじきにさめるものだ。 サド/澁澤龍彦訳『美徳の不幸』より引用
  • すべての場合で、無価値は一つの大いなる業を援助するために奉仕するものとしてオーボルを蓄えるほどの価値がある。
  • 次へ »