ために埋め立て

14 の用例 (0.00 秒)
  • 戦前の1939年、東京湾に飛行場建設のために埋め立てられ始めたのが始まりである。
  • 明治に入ると高島嘉右衛門によって袖ヶ浦の入口が鉄道建設のために埋め立てられた。
  • 矢橋帰帆島は、下水処理場のために埋め立てて造った人工島である。
  • この運河の大部分は1865年に鉄道のスプラット・アンド・ウィンクル線を建設するために埋め立てられてしまい、今日ではこの鉄道区間も大部分が廃止されている。
  • 日石は石油精製工場や研究所の建設のために埋め立てを行おう予定であったが、住民の反対により計画は取りやめとなった。
  • かつては沼地だった兜町付近だが、江戸時代に入ると江戸城築城のために埋め立てが行われ、周辺は大名屋敷が立ち並んだ。
  • 沿岸は遠浅の砂浜海岸が発達しており、近世までは無数の干潟が見られたが、これらはほとんど戦後になって工業用地造成のために埋め立てられた。
  • 呉市役所豊浜支所から豊浜大橋の入口までの区間は道が極めて狭隘で交通量も比較的多いが、漁港が隣接するために埋め立てて道路拡張をするのは困難で、道路拡張の見通しは立っていない。
  • かつては錦橋の直前で南へ西横堀川も分岐していたが、1962年に阪神高速1号環状線の建設のために埋め立てられた。
  • 新川には一ノ橋・新川橋・三ノ橋・東新川橋が架けられ水路として活躍したが、1948年から戦後の残土処理のために埋め立てが開始され、昭和24年には完全に消滅した。
  • 真砂本町の区域は1938年に海軍飛行場建設のために埋め立てられ、1972年に姶良郡溝辺町麓に移転した跡地を造成して住宅地となった。
  • リバティ州立公園は郡内最大の公園であり、かつて広大な牡蠣の岩礁があった場所にあり、工業、鉄道、海運のために埋め立てられたが、1970年代に再生された。
  • 千葉県の東京湾岸の干潟は、そのほとんどが1960年代から1970年代にかけて千葉県企業庁によって次々と埋め立てられ、工業地や住宅地として開発されたが、習志野市谷津地先の干潟は利根川放水路計画により旧大蔵省の所有であったために埋め立てを免れ、埋立地の中に2本の水路で海とつながる池の様に残された。
  • 当時佃島と月島を隔てていた佃川は、佃大橋の取付道路建設のために埋め立てられ、島であった佃島は地続きに、同時に佃川に架かっていた佃橋は廃橋となった。