たちむかお

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • ぼくはぼく自身の判断で、勝手に事件にたちむかっていただけですよ。
  • 午前中、私たちは体内にいくらかの圧力を感じて砂漠と空にたちむかう。 ...
  • 浜田は練習のつもりでそういう話題に自分からたちむかっている。 ...
  • 暗くなってからあの断崖にたちむかう気になれなかったからです。 ...
  • 大体世間の亭主をみていると、彼らは男として女房にたちむかうからいけない。 ...
  • かれの心は恐怖でいっぱいだったが、危険にたちむかうのはひとりで十分だと決心した。 ...
  • そしてもはや陽気な冒険心でこの世にたちむかうことができなくなるようである。 ...
  • やがて清渓県に近づくと、上流のほうから早くも南国の戦船がたちむかってきた。 ...
  • 一人で千人にたちむかうことができる、一人で千人を殺す力をもっていると大言壮語を吐く。 ...
  • はじめはあの子もたちむかっていたが、やがて体を突かれて砂の中に仰むけに倒れた。 ...
  • 何人なんぴともたちむかえないようなことがあるのだ。 ...
  • それだけの夫婦生活の経験が、夜が明けて間もない床で青塚にたちむかった。 ...
  • どうか全力をだして徘徊はいかいしている化物グールどもにたちむかっていってもらいたいんだ。 ...
  • いちど父の寝所しんじょの方へ走ろうとして、お美也は敢然とその方へたちむかった。 ...
  • 正体の知れている危険ならば、決然としてこれにたちむかうだけの決心があったが、こうした不安にはひどくなやまされるのだった。 ...
  • おえんは必死におきあがって、おそってくる男たちに懐剣でたちむかった。 ...
  • 病態が深刻なときには家の中にこもったが、体調がよいときは果敢に社会にたちむかった。 ...