たちの周囲

201 の用例 (0.00 秒)
  • ファーレンハイトが片手をあげると、人の輪が一一人の男たちの周囲に軍服の壁をつくった。 田中芳樹『銀河英雄伝説 07 怒濤編』より引用
  • 朝子たちの周囲には、平凡なようでまたそうでもない夏の下宿らしい日々があった。 宮本百合子『おもかげ』より引用
  • いつのまにか、おれたちの周囲は白い水粒子の膜に覆われつつあった。 菊地秀行『トレジャー・ハンター03 エイリアン魔獣境 II』より引用
  • やがてその日も暮れかかる頃、私たちの周囲には、次第に残雪の色が多くなつて来た。 芥川竜之介『槍ヶ岳紀行』より引用
  • きみたちの周囲はがらりと様変わりするはずだが、仕事の内容はまったく変わらない。 石田衣良『アキハバラ@DEEP』より引用
  • わたしたちの周囲で、こづかいの十分の一をまず社会の何かに捧げる訓練をしている親がいるであろうか。 三浦綾子『孤独のとなり』より引用
  • が、このとき、思わぬ伏兵ふくへいがおれたちの周囲をばらばらっととりかこんだ。 井上ひさし『ドン松五郎の生活』より引用
  • たちまちのうちに、リザンたちの周囲は生ける屍に取り囲まれてしまった。 安田均×下村家惠子『ソード・ワールド・ノベル 死せる神の島(上)』より引用
  • ね、カーチャ、考えてくれ、僕たちの周囲に君をおいてどんな知的な女がいる? 宮本百合子『三月八日は女の日だ』より引用
  • わたしたちの周囲へ石のように落下してきた大気は? コードウェイナー・スミス『鼠と竜のゲーム』より引用
  • 私のこの動作を見て、けだものはわずかに方向を変えて離れ、こんどは私たちの周囲をぐるぐるとまわりはじめた。 バローズ『地底世界ペルシダー』より引用
  • ジョクたちの周囲を游泳ゆうえいしていたアンコウたちがザワと身じろぎした。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 08 マシン増殖』より引用
  • ふと気がつくと、私たちの周囲を、ゴソゴソと無気味にはい廻るものがあった。 江戸川乱歩『孤島の鬼』より引用
  • 戦争が小さいときからずっと自分たちの周囲にあったので、いつのころからか、将来の計画を真剣にたてないのがくせになったまま、私は十六歳になっていた。 須賀敦子『遠い朝の本たち』より引用
  • すでにぼくたちの周囲には何台もの車がとまり、道行く人たちも足をとめて、こっちを眺めていた。 眉村卓『不定期エスパー2』より引用
  • そして、食事の途中わたしたちの周囲に外部のもの、わたしたちでないものが大きな闇となってひろがっていくのを見た。 ウルフ/鈴木幸夫訳『波』より引用
  • 耳をすましてきくと、私たちの周囲にある生命のないものが、みななにかの歌をうたっているんですよ。 フリーマン・リチャード オースティン『歌う白骨』より引用
  • いま、戦後二十二年を経て、私たちの周囲は、声高に叫び合う活気のある声に満ちている。 五木寛之『風に吹かれて』より引用
  • 私たちの周囲で、女同士の友情を信じてない言葉がいわれる場合について考える時それはあながち直接の対象として男を置いてのことではないと見られる。 宮本百合子『異性の間の友情』より引用
  • 氷の精霊たちがすべて消滅した後、集落の戦士たちは当然のように、リウイたちの周囲に集まってきた。 水野良『魔法戦士リウイ 第03巻』より引用
  • 次へ »

たちの周囲 の使われ方