たちの周囲

201 の用例 (0.00 秒)
  • 参木は自分たちの周囲に流れて来ている旧ロシアの貴族のことを考えた。 横光利一『上海』より引用
  • エリオはなぜか俺たちの周囲を月かなにかのようにぐるぐる回り出した。 入間人間『電波女と青春男 第07巻』より引用
  • シャルルはいま自分たちの周囲でなにが起きているか、ようやく悟った。 犬村小六『とある飛空士への追憶』より引用
  • さういふ天才が同時に三人も、先生たちの周囲に集つて来るとお思ひですか。 岸田国士『俳優志望者メンタルテスト』より引用
  • 見るからに猛悪もうあくそうな男たちが、私たちの周囲に群らがりはじめたからだ。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿03 巴里・妖都変』より引用
  • 行こう、そして出来るだけ私たちの周囲を淋しさから救うために働こう。 有島武郎『小さき者へ』より引用
  • 私たちの周囲は天国にもなれば地獄にもなるのではないか知ら。 知里幸恵『日記』より引用
  • 風がおれたちの周囲で渦を巻き、ゆきが艶然と微笑みながら手を振った。 菊地秀行『トレジャー・ハンター05 エイリアン怪猫伝』より引用
  • 気がつくとあたしたちの周囲全部でその音が続いている。 小野不由美『悪霊シリーズ 6 悪霊とよばないで』より引用
  • 風は二人の直前で二手に分かれ、彼女たちの周囲は突然完全な無風状態になった。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える4』より引用
  • 燃える肉片が霧香たちの周囲に落ちてきて、しゅっと音をたてて消滅した。 水野良/白井英/山本弘『妖魔夜行 悪魔がささやく』より引用
  • この大きな流れが、私たちの周囲で今も進行中のようである。 星新一『きまぐれ博物誌』より引用
  • 一名は自分たちの周囲を監視しているにちがいない。 大沢在昌『悪夢狩り』より引用
  • 他の場所はいざ知らず、おれたちの周囲は壊れた水道管になってしまった。 菊地秀行『トレジャー・ハンター08 エイリアン邪海伝』より引用
  • だって、現場じゃ誰も彼女たちの周囲にいなかったんですよ? 椹野道流『鬼籍通覧1 暁天の星』より引用
  • わたしたちの周囲の眺めは、もはや停車場の広場と似てはいない。 ロチ『秋の日本』より引用
  • その後幾週か降伏後の混乱はいろいろの形をとって私たちの周囲に渦を巻いた。 永井隆『長崎の鐘』より引用
  • 憲兵たちの周囲は、生と死が境界線もなく入り乱れた世界であった。 角田房子『甘粕大尉 ―増補改訂』より引用
  • 私たちの周囲にはあとからあとからと自動車が来て停った。 横溝正史『真珠郎』より引用
  • つかず離れずでぼくたちの周囲のどこかにいる。 酒見賢一『聖母の部隊』より引用
  • 次へ »

たちの周囲 の使われ方