ただしけれ

全て 形容詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • ただしかれはこの敵の艦長の矢で死ぬ前に、その男の名前はいわなかったが。
  • いや、驚いたというよりも、慌てたといったほうがただしいでしょう。 ...
  • 目の前で刀や槍がそろって、規則ただしくキラキラと左に右にゆれます。 ...
  • ニッキーは、深い眠りに落ちこんだ男のように、規則ただしく呼吸した。 ...
  • 玄関に出ると、宝屋の一族は礼儀ただしく、石畳の上で待ちうけていた。 ...
  • すると、一人の委員があはただしく室の中へ駆けこんで来た。 ...
  • ツアーのなかで一組だけ、妙に礼儀ただしい感じでうきあがっていた。 ...
  • というより、 はなみたいな あごみたいなもの、 が ただしいかな? ...
  • 私が礼儀ただしかったので、彼女は、私が惚れているものと思いこんだ。 ...
  • 妻が規則ただしい健康的な女の寝息をたてて眠っています。 ...
  • と、いうより、あの大男を手玉にとってるといったほうがただしいな。 ...
  • 心ただしいこのけものたちに、魔女がここにきたわけを話してやれ。
  • そして夢で見たのと同じような白い閃光せんこうが、規則ただしく闇を照明していたのだった。 ...
  • 雨が小屋の屋根をまるで規則ただしい砂時計のこぼれるように降っています。 ...
  • みんなが間違っていて、人を好きになるぼくのほうがただしいんだ。 ...
  • それが民族学博物館との唯一のただしいつきあいかたなのである。 ...
  • 何時間とも思われる長い時間がたったが、広間は墓場のようにただしーんとしている。 ...