たたみこみ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • すぐには何のことかわからずにいると、女はたたみこむようにいった。 ...
  • 男は、体の一部がたたみこまれてしまったかのように、体を折りまげた。 ...
  • ベッドの頭板が、かれの眠っていたところにたたみこまれていた。 ...
  • これまで胸にたたみこんだまま、あの出来事については誰にも云わなかった。 ...
  • いくえにもたたみこまれてある感情の、どの部分かを刺激したらしい。
  • 巨大な翼は背にたたみこまれ、手と爪は宇宙服の鎖をつかんだ。 ...
  • 不承不承うなずくと、いつ見せてくれるのかと、たたみこむように尋ねてきた。 ...
  • いい情報は胸の中にたたみこみ、わるい発見は、値引きの材料に使う。
  • すなわち同じ時間に行われている二つの異なった場面を平行して移動させつつ、数年間の物語の筋をそこにたたみこんで行く。 ...
  • ホーリは口数が少なく、独り笑いをして、万事を胸にたたみこんでいる。 ...
  • 奇怪な事件、そう思って腹のなかにたたみこんでおくほかは。 ...
  • 時間は、蛇腹のように、深いひだをつくって幾重にもたたみこまれていた。 ...
  • 成子がこの言葉に聞き耳をたててよく頭にたたみこんだのは、珍しく明るい声であったからだ。 ...
  • 長い灰色の尾を、きちんと前足のまわりにたたみこんでいた。 ...
  • 大きなピンク色の耳が、うしろへたたみこまれたのは、敵につかまれないためだ。 ...
  • どちらがさきにあたしの手に落ちてくるかと、舌なめずりをするような思いを、胸の底ひそかにたたみこんでおいたまま。 ...
  • 半ば崖の中に、洞穴みたいに、石をたたみこんで、朽木の庇がさし出ている。 ...