たいび

全て 名詞
17 の例文 (0.00 秒)
  • 上の大尾にと同語を繰り返してオヨソの意を現すか、または別の副詞か。 ...
  • それを取材にして、平家物語の著者が、あのような大尾の大文章を物したものだという。 ...
  • 全国重点牧区の一つで、全国大尾羊と商品牛の基地の一つである。
  • それまでは「うたいびとはね」もしくは「うたいびと はね」の表記が正式に使われていた。 ...
  • 主人公ラスコリニコフの心理と言行とが、小説の最初から大尾まで、魔法のやうに僕の心を引き捉へて居た。 ...
  • 之が手術の大尾でした。
  • 否むしろそれが無ければ、詩集としてのしめ括りがなく、大尾の完成が缺けるやうなものであつた。 ...
  • 大尾と共にあちこちの高みのところに。 ...
  • ご詠歌に「はるばると登りて見れば大尾てらの雪も氷も解けてながるる」と詠われている。 ...
  • 大尾に江戸の世での義統の子息達の消息を添える。 ...
  • 当時「うたいびとハンター」として番組に出演していた市川喜康の目にとまり、秋に行った最終プレゼンでR and Cからのデビューが決定する。
  • 鶴岡の社頭から始まり討ち入りまでを描く通し狂言で、全11冊に「大尾」をつけた12の場面からなっている。 ...
  • もしうまく自然に大尾たいびに至れば名作、然らずんば失敗、ここが肝心の急所ですからしばらく待って頂戴。 ...
  • 宇奈月ダムは、富山県黒部市宇奈月町内山字大尾地先、黒部川の本川中流部に建設されたダムである。
  • 天下茶屋でも、妹背山いもせやまでも、日蓮記でも、菅原伝授手習鑑でも、すべて序から大尾たいびまで、つまり竹田出雲や近松浄瑠璃集にある通りを院本まるほんどおりそっくり上演するのであった。 ...
  • 年代記の大尾むすびだった。 ...