たいと切実

27 の用例 (0.00 秒)
  • 黒ずくめのこの部屋に自分自身が溶けこみたいと切実に望みつづけていた日々。 藤堂志津子『恋人たちの憂鬱』より引用
  • と春夫先生のうたはれたやうに、やはり私も生きたいと切実に思ふのである。 森田たま『もめん随筆』より引用
  • ここで、家の外で、家族の元に帰りたいと切実に願っている。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • 適当な相手と結婚し、子供を育て、平凡な家庭を築きたいと切実に思うようになった。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • 本人は妖怪ようかいも蜘蛛も大きらいで、普通ふつうの女の子にもどりたいと切実に願っている。 山本弘/友野詳/清松みゆき/西奥隆起『妖魔夜行 幻の巻』より引用
  • 森の中へ行ってみたいと切実に願っていた。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第12巻 紳士の射止めかた教えます』より引用
  • その痛みから逃れたいと切実に思う。 原田宗典『東京困惑日記』より引用
  • コニーもその人物に会いたいと切実に思った。 今野敏『宇宙海兵隊ギガース4』より引用
  • 気づいた点があったら教えろ、という期待に応えたいと切実に思ったのだが、なかなか新しい発見がない。 有栖川有栖『海のある奈良に死す』より引用
  • 世間並みの常識が通用するまともな人たちを相手に、まともな仕事がしたいと切実に思った。 貴志祐介『黒い家』より引用
  • この時を契機に、八杉は「大和」の正確な沈没位置を知りたいと切実に思うようになった。 辺見じゅん『完本 男たちの大和(下)』より引用
  • だからリディアは、とらわれの身になっているというセルキーのために、できるだけのことをしたいと切実に思う。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第04巻 恋人は幽霊』より引用
  • それでも、あの日々を取り戻したいと切実に望む思いを拒めない。 森瑤子『さよならに乾杯』より引用
  • 交際していた彼女を何とかだまして、そういう所へ連れ込みたいと切実に願い、計画を立案したまではよかったが、どうやって入ったらいいのか分からない。 原田宗典『家族それはヘンテコなもの』より引用
  • ふつうの人間でありたいと切実に思う。 赤瀬川原平『優柔不断術』より引用
  • 娘を亡くしたコリンズ夫人が、大人になった娘に会いたいと切実に願ったように、幼いリディアを残していかなければならなかった母も、切実な悲しみをかかえていたのかもしれない。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第04巻 恋人は幽霊』より引用
  • 心中ではわたしの娘として受け入れてやりたいと切実に思うが、アミオキャップの風習が禁じている。 バローズ/佐藤高子訳『戦乱のペルシダー』より引用
  • 耳をおほひ顔をそむけたいやうな事柄がつぎからつぎへと捲きおこつて、暗雲空をおほふの感じ深きものがありますにつけてもいま一度、この愛情の問題をさまざまな面から考へてみたいと切実におもひます。 森田たま『もめん随筆』より引用
  • どうしているのだろうと思いながら、いつかはクリスマスも新年も、きみと過ごせるようになりたいと切実に願うよ。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第07巻 涙の秘密をおしえて』より引用
  • 私もシャトーなんとかいうワインの名前がスラッと出てくるぐらいまでにグルメになりたいと切実に願ったのである。 林真理子『ルンルンを買っておうちに帰ろう』より引用
  • 次へ »