たいという申し出

53 の用例 (0.00 秒)
  • 本作に対して国語の教科書に入れたいという申し出が2件あったという。
  • ちょっとやってみたいという申し出には第一期からいる先達がすぐ飛び降りた。 林亮介『和風Wizardry純情派 1』より引用
  • 早くもあの喫茶店を買いたいという申し出があったという。 藤堂志津子『ジョーカー』より引用
  • 二十万円を添えて、きれいなアパートの一室を彼女に提供したいという申し出だった。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • ある日公吉の母から公吉の濫費癖を理由に中学を退学させ働かせたいという申し出があった。
  • このまえお会いしたとき、あなたは、わたしのおともをしたいという申し出に、おびえたような目つきをなさいましたね。 松本清張『波の塔(上)』より引用
  • するうちだんだんそれは、ミリガン夫人ふじんがそばへきたいという申し出をこばんだことをさして言うのだとわかった。 マロ・エクトール・アンリ『家なき子』より引用
  • 警察の方から、オートバイの正しい乗り方や交通安全などについて、高校生に話して指導したいという申し出がありました。 フォス『日本の父へ』より引用
  • この数年間に私が書いたものや、講演の記録に手を加えたものなどを集めて、筑摩叢書の一冊にしたいという申し出があってから、半年ほど経過した。 湯川秀樹『創造的人間』より引用
  • 球団には、ハンクを引き取りたいという申し出が1000件以上も寄せられた。
  • 交際したいという申し出が、何と部長経由で聡美に伝えられた。 東野圭吾『探偵ガリレオ』より引用
  • 刑務所で演奏したいという申し出を山下が市にしたらしいが実現するならぜひ聴きに行きたいという出だしだった。 山下洋輔『ドバラダ門』より引用
  • 正月の二十三日はの日であったが、左大将の夫人から若菜わかなの賀をささげたいという申し出があった。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • そのかわりのように、明日にでも、彼らの歓迎のうたげを盛大にひらきたいという申し出がきた。 小沢淳『ムーン・ファイアー・ストーン4 月光の宝珠』より引用
  • だから、一八九二年五月末の帰国に先立って、世界各地の大学などから、彼を招へいしたいという申し出があいついでいる。 飯沼和正『あるのかないのか? 日本人の創造性』より引用
  • 大使館員は、男がはいってくるのを見てけげんそうな顔で立ちあがり、大使に会いたいという申し出を聞くと、紹介状でもあるかとたずねた。 バローズ『火星シリーズ04 火星の幻兵団』より引用
  • 数人の技師をスタンドで待機させたいという申し出を、ロペーラ会長は「その連中にただで試合を見せるわけにはいかない」と拒否したという話がまことしやかに伝わっている。 野沢尚『龍時(リュウジ)02―03』より引用
  • しかしLiveJournalの名が知られるようになるに連れ、Fitzpatrick には同社を買い取りたいという申し出が頻繁に入ってくるようになった。
  • が、父もまた、講演会担当者からの会場へ来て頂きたいという申し出を、かたくなに断わっていたという。 つかこうへい『傷つくことだけ上手になって』より引用
  • また同じ文中で、2010年春にMLBの球団からアジアでスカウトした選手を派遣して育成したいという申し出があったことも記している。
  • 次へ »

たいという申し出 の使われ方