そんな水臭い

13 の用例 (0.00 秒)
  • 何の、そんな水臭い人でない事は、わしがちゃんと知っている。 泉鏡花『照葉狂言』より引用
  • そんな水臭いことを言わずに、引き揚げてくれたまえな。 夏目漱石『吾輩は猫である』より引用
  • そんな水臭い事を言わずに、引き揚げてくれたまえな。 夏目漱石『吾輩は猫である』より引用
  • 「そんな水臭いこと仰云おつしやつちや厭」千登世は怒りを含んだ聲で言つた。 嘉村礒多『業苦』より引用
  • そんな水臭いことを言うと、ぼくはかえって恨みだよ。 横溝正史『悪魔の家』より引用
  • おまえさんが、そんな水臭い了見なら、あっしも覚悟があります。 横溝正史『人形佐七捕物帳 05』より引用
  • そんな水臭みづくさいおかたなら今日限けふかぎりおひまください。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 48 20080623』より引用
  • さうでなければ、そんな水臭みづくさいことを仰有おつしやはずがない。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 50 20080623』より引用
  • そんな水臭い回し気をなさるからついくやしくなっちまいます。 有島武郎『或る女』より引用
  • 私は苺を貰つてもそれを食卓へ持出さねばよいのであるが、書生づきあひの間柄でそんな水臭い事はできぬと思ひ、いつまでもおなじ事を繰返す自分の弱気が、だんだんと自分に腹立しくなつてゆくのであつた。 森田たま『もめん随筆』より引用
  • 焼けてしまって五冊しかない本を、二冊貸してくれというのだ、これは僕の最後の本だ、こいつは、いくら何でも御免だというと、そんな水臭いことをいわないで、先生、生徒と教師のあいだじゃないですか、是非その二冊拝借ねがいたい、先生、そんなら一週間だけでいいからというのだ、それで持ってゆきおった。 小島信夫『アメリカン・スクール』より引用
  • あんた、おれとそんな水臭い仲か? 朔立木『死亡推定時刻』より引用
  • で、最初は三河屋には声をかけないでおこうと内々で申し合せていたところ、喜兵衛のほうから、そんな水臭いことをするな、今更、昔のことをくよくよしてもはじまらない。 平岩弓枝『御宿かわせみ 16 八丁堀の湯屋』より引用