そんな具合

239 の用例 (0.01 秒)
  • まあそんな具合でいながら、人類にはなかなかの大貢献をするんですよ。 チェーホフ・アントン『天才』より引用
  • そんな具合だから空室になつた分家の方も閉めて置くより他はなかつた。 田畑修一郎『医師高間房一氏』より引用
  • その家を私は知らなかったから、大体そんな具合に受けとったのだろう。 小川国夫『逸民』より引用
  • 私の家はそんな具合で、私はこんな人間にとうとう踏み迷ったわけです。 淀川長治『私の映画教室』より引用
  • 男の場合はそんな具合で、結婚しても友だち関係がきれることは少ない。 呉善花『恋のすれちがい』より引用
  • そんな具合で、二月二十三日の月曜日、十一時過ぎに自動車で家を出た。 山口瞳『酔いどれ紀行』より引用
  • 結局のところ、日本人はそんな具合に心を働かせようとする人たちである。 呉善花『恋のすれちがい』より引用
  • 彼自身もそんな具合に触れていたものとさえ感じられて来る。 小林秀雄『モオツァルト・無常という事』より引用
  • 岩壁はじっと見ていると裏側も見えて来る様な、そんな具合に描かれている。 小林秀雄『モオツァルト・無常という事』より引用
  • そんな具合ならば、私にだつて撃てさうな氣もするぢやありませんか。 堀辰雄『匈奴の森など』より引用
  • そんな具合で、私は幼稚園のころ、がまんというものをした記憶がない。 梅宮アンナ『「みにくいあひるの子」だった私』より引用
  • 空は厚い雲におおわれており、おそらく一日中そんな具合だろうと思えた。 清水義範『家族の時代』より引用
  • その朝は、そんな具合のことを伝えて、健太郎はぷいっと会社に行った。 南里征典『赤坂哀愁夫人』より引用
  • そんな具合だから、実際、韓国の女は日本の男との恋愛にはよく失敗している。 呉善花『続 スカートの風』より引用
  • 最後のくだりはいったかどうか確かではないが、だいたいそんな具合でね。 もりたなるお『金星 相撲小説集』より引用
  • そんな具合にして、夫人は、その場から身体をひっこめたのであった。 武田泰淳『快楽』より引用
  • あの方たちがそんな具合だから、ますます若い世代の女性たちが幼児化する。 小池真理子『猫を抱いて長電話』より引用
  • ビジネスでもそんな具合だから、こんな不思議なこともしばしば起きている。 呉善花『続 スカートの風』より引用
  • 初めての結婚式に出席した時のぼくは、ちょうどそんな具合だった。 原田宗典『27』より引用
  • けど、そんな具合に行くようなら、こんなザマにはなっていなかった。 安部譲二『塀の中のプレイ・ボール』より引用
  • 次へ »

そんな具合 の使われ方